商品詳細

『響きと怒り』や『八月の光』などの小説を生み出したウィリアム・フォークナーは、南部地方の人々を文学にした現代アメリカ文学の父として高く評価されました。 内面のモノローグのようなストリーテリング技術やサブプロットを巧みにおりませる手法で、フォークナーは、この地域の人々の生活様式を現代文学の非常に称賛された傑作へと昇華させました。 作家シリーズ「ウィリアム・フォークナー」のマザー・オブ・パール風のレジン仕上げの黒みを帯びたブラウンの光沢が、ペンのロジウム仕上げのボディとの魅力的なコントラストを織りなします。 クリップのエレガントなデザインは、ウィリアム・フォークナーが初めて小説を書き始めた1920年代のアールデコ時代を象徴しています。

  • 品番: 101185
  • ボールペン
  • モンブランボールペンリフィル:ミステリーブラック、パシフィックブルー、ナイトフェアレッド、フォーチューングリーン、アメジストパープル、バルバドスブルー

特徴

  • クリップ: プラチナ仕上げ
  • ボディ: マザー・オブ・パール風のダークブラウン プレシャスレジン
  • キャップ: プラチナ仕上げ、控えめなリング構造、キャップに作家のオリジナルのサイン

ライティングシステム

  • タイプ: ボールペン

リフィル

  • モンブランボールペンリフィル:ミステリーブラック、パシフィックブルー、ナイトフェアレッド、フォーチューングリーン、アメジストパープル、バルバドスブルー
リフィルを探す

詳細

『響きと怒り』や『八月の光』などの小説を生み出したウィリアム・フォークナーは、南部地方の人々を文学にした現代アメリカ文学の父として高く評価されました。 内面のモノローグのようなストリーテリング技術やサブプロットを巧みにおりませる手法で、フォークナーは、この地域の人々の生活様式を現代文学の非常に称賛された傑作へと昇華させました。 作家シリーズ「ウィリアム・フォークナー」のマザー・オブ・パール風のレジン仕上げの黒みを帯びたブラウンの光沢が、ペンのロジウム仕上げのボディとの魅力的なコントラストを織りなします。 クリップのエレガントなデザインは、ウィリアム・フォークナーが初めて小説を書き始めた1920年代のアールデコ時代を象徴しています。

  • 品番: 101185
  • ボールペン
  • モンブランボールペンリフィル:ミステリーブラック、パシフィックブルー、ナイトフェアレッド、フォーチューングリーン、アメジストパープル、バルバドスブルー
全ての詳細 リフィルを探す

シェアする

その他のバリエーション