Jonathan Meese

ジョナサン・ミース | ドイツ |「DIE 2 (SÜSSIS) im milchfrischen SCARLETTIERBABYLAND de lovely PIE」 | 2008年 | 210 cm×140 cm | キャンバスに油彩および各種材料

ジョナサン・ミース

ドイツ人アーティストのジョナサン・ミース(1970年生まれ)は、1990年代後半から「異端児」、「神童」、ドイツの芸術界の扇動者として世界的に知られていました。東京で生まれたミースは、現在はベルリンとアルンスベルクで暮らし、1998年までハンブルク美術大学で学びました。騒々しくけたたましい、想像力豊かで奥深い手法を通して、彼は絵画、コラージュ、彫刻、インスタレーション、イベント、パフォーマンス、ビデオ、映画の全作品で、ドイツの神話とドイツの19世紀から20世紀初頭にかけての歴史を分析することを特に重視しています。ミースのアイデアが積極的に無秩序に、そして特に強力な気迫を持って表現された彼の作品と示威行為には、「芸術の独裁」というテーマが貫かれています。モンブランのために制作された大判作品「DIE 2 (SÜSSIS) im milchfrischen SCAR- LETTIERBABYLAND de lovely PIE」は、米国人女優スカーレット・ヨハンソンをテーマにした一種の絵画のようなコラージュを彼の写真で際立たせており、ここにもそのアプローチが用いられています。ミースは2008年のインタビューで、「芸術の独裁は、光や呼吸、ゼリー(鉱石)、愛、スカーレット・ヨハンソンのような全体の美しさといったものに支配されるのです」と述べています。