Liam Gillick

リアム・ギリック | 英国 |「Montblanc」 | 2005年 | 295 cm×930 cm | カットビニール

リアム・ギリック

世界的に有名な英国人コンセプトアーティスト、リアム・ギリック(1964年生まれ)の活動は、インスタレーション、彫刻、壁画、デザインオブジェ、テキスト作品、さらにはエッセイや書籍出版まで広範に及びます。ミニマリズムの美学を特徴とする彼の芸術創作は、私たちの社会を支配する社会的、政治的、概念的、経済的勢力に対する複雑な理論的考察に基づいています。1987年にロンドンのゴールドスミス・カレッジを卒業し、ヤング・ブリティッシュ・アーティストに属するギリックは、資本主義と西洋の企業文化を批判的に分析します。したがって、現代建築における概念的な影響とそれらが私たちの社会の集団行動にもたらす効果を明らかにすることが彼の動機の1つです。ロンドンとニューヨークを行き来する彼は、2002年にターナー賞にノミネートされています。