Michel Majerus

ミッシェル・マジュリュス | ルクセンブルク |「Shooting Star」 | 2002年 | 220 cm×220 cm | キャンバスにアクリル

ミッシェル・マジュリュス

ルクセンブルク出身のアーティスト、ミッシェル・マジュリュス(1967年~2002年)は、私たちが目まぐるしく過ごす日常の文化に対する視覚的な印象に芸術史の最近の発展を引用して組み合わせた生き生きとしてカラフルな大判の絵画で、1990年代後半に初めて世界的に大きな脚光を浴びました。彼の作品では、有名なコンピュータゲームやテレビのキャラクター、音楽界の絵画的要素、コミックアート、広告が、ポップアートやミニマリズムのモチーフや表現形式と出会います。シュトゥットガルト美術大学で学んだ後、ベルリンに暮らしたマジュリュスは、このようにしてフランク・ステラ、ジャン=ミシェル・バスキア、アンディ・ウォーホル、ウィレム・デ・クーニング、ジェームス・ローゼンクイストらの作品を考察しました。その過程で、マジュリュスの作品に引用されたイメージが重なり、音楽のサンプリングと比較できるようなダイナミックな構造を作り出したのです。マジュリュスが2002年に悲惨な事故死を遂げた後、ハンブルク、ハノーバー、グラーツ、アムステルダム、ルクセンブルク、そして最近ではシュトゥットガルトで回顧展が行われ、彼の絵画やインスタレーションが展示されました。