Rina Banerjee

リナ・バネルジー | インド | 「Monkeys made green, silver bodies, long grey tails, hair thin and spray – all flew out of their pink empty vessel」および「Scented worlds」 | 2007年 | 各81 cm×61 cm | 紙にインク、アクリル、ペンキ

紙に描かれた金線細工のような素材のアッサンブラージュとディテールの豊かなリナ・バネルジーの大判作品には、東洋の文化と西洋の文化の影響が混ざり合っています。1963年にカルカッタで生まれたアーティストは、幼少期に家族とともに米国に移住。1995年にイェール大学芸術大学院を卒業し、現在もニューヨークで暮らしています。複数の世界の間をさまようバネルジーは、その作品でインドにおける英国の植民地主義、祖国に対する認識、異国の認識を探るとともに、文化的なアイデンティティを追求します。彼女が羽根や針金、香辛料、ビニールホイル、傘、色とりどりの鮮やかなサリーの生地といったありふれた素材を使用して作り出す想像力に満ちた構造は、知的なデザインの人為性と有機的な起源の直接性の間にある創造のあらゆる範囲に広がります。バネルジーはきらきらと光る素材を加えた色鮮やかな水彩画で、インドの伝説にインスピレーションを得た壮大なシナリオを展開します。そこでは、長い爪を生やし、髪をなびかせる生き物が優しく宙に浮かび、エキゾチックな環境に閉じ込められています。