Tom Sachs

トム・サックス | 米国 |「Official Montblanc Authorized Trade」 | 2002年 | 55 cm×55 cm | 木製パネル

トム・サックス

ニューヨーク生まれのアーティスト、トム・サックス(1966年生まれ)は、建築家フランク・O・ゲーリーの助手としてキャリアをスタートさせました。ゲーリーを彫刻家であると考えていた彼もまた建築デザイナーですが、その対象は全世界であり、現代の消費者文化と歴史的な影響が交わる現代のユートピアです。レーベルのハットの箱を強制収容所の模型に見立てた「Prada Death Camp」(1998年)や400平方メートルの宇宙の都会に高速道路、ゲットー、マクドナルドのレストランの模型を配したインスタレーション「Nutsy’s」(2002年)など、議論を呼ぶ作品は、現代の消費者文化に対するサックスの厳しい皮肉な分析を示しています。サックスは、ポリスチレンや紙など「貧弱な」素材を使用し、使い捨て品として位置付けられるそれらを芸術に高めることを特に重視しています。サックスは、モンブランのために、硬質のPVC発泡ボードを使用して「Big Lunar Module」(2002年)と題された宇宙旅行の彫刻作品を制作し、その作品にインスピレーションを与えた数百万ドルする現物の脆く遊び心溢れる側面を強調し、壁画「Official Montblanc Authorized Trade」では、考案したモンブランの印が付けられた、明らかに中古の板で作られた架空の郵送用コンテナの残りによる空想の既製品を描きました。