Marcel van Eeden

Marcel van Eeden | オランダ | 「Das Weltall verwandelt in einen Sonntagnachmittag」| 2009年 | 36点のデッサン:19 cm×28 cm、19 cm×84 cm | 手漉き紙に黒鉛筆と色鉛筆、彫刻:ブロンズ、黒緑青

Marcel van Eeden

フィルム・ノワールの趣を思わせ、続き漫画のイメージリソースを巧みに操り、いつもの小型の画材よりもはるかに大きくなって展示スペースに広がる、オランダ人アーティスト、Marcel van Eeden(1965年生まれ)のデッサン。主に黒鉛筆を用いて描かれ、シリーズに仕立てられたそれらの作品は、所々にカラーがあしらわれた落ち着いた白黒で、得体の知れない、時として不気味で病的でありながら、同時に滑稽でユーモアのある物語を語ります。彼は大きな壁画や彫刻、場合によっては映画やビデオのインスタレーションを組み合わせ、壁に掛けられたデッサンが建築に溶け込む複雑なイメージの世界を構築します。2011年に有名なPrix de Dessin de la Fondation d’Art Contemporain Daniel et Florence Guerlainを受賞したvan Eedenは、自身が生まれる以前の文学作品、雑誌、映画にインスピレーションを求めています。van Eedenは1993年から1日1点デッサンを描き、保管されたその膨大なイメージをもとに、フィクションと歴史によって作られた物語をデザインしています。モンブラン文化財団は、2009年に制作された36点のデッサンと2点の彫刻からなる複合作品「Das Weltall verwandelt in einen Sonntagnachmittag」(「日曜日の午後へと変容した世界」)を購入しました。この作品は、2013年に永久貸出品としてハンブルク市立美術館の現代美術館に譲渡されます。