Thomas Schuette

トーマス・シュッテ | ドイツ | 「Frau Nr. 9」 | 2003年 | 彫像:70 cm×100 cm×120 cm、テーブル:75 cm×250 cm×125 cm | 彫像:ブロンズ、テーブル:スチール

トーマス・シュッテ

1954年にオルデンブルクで生まれたシュッテは、建築彫刻、形象的形態、インスタレーション、デッサン、水彩画、腐食銅版画、写真、ビデオ作品という豊富な作品で世界的に重要な地位を獲得しました。デュッセルドルフ在住のこのアーティストは、紙に描かれた作品では、陽気で自然な表現を中心に芸術界、政治、日常生活について動揺を呼ぶような皮肉な批評を展開していますが、彫刻では、より具体的に不朽のテーマからインスピレーションを得ています。堂々とした女性の彫像は、官能性、不変性、創造力の象徴です。モンブラン文化財団が2003年に購入し、2004年にハンブルク市立美術館の現代美術館に譲渡された「Frau Nr. 9」(「女性No. 9」)は、女性の生殖力と人類の不死を強調しています。ロダンとマイヨールの彫刻を参考にすることにより、シュッテはブロンズとスチールという素材、そして自然の力に対するそれらの感度を利用し、時間の超越と時間への依存の両方を際立たせているのです。