プロジェクトについて

ロックフェラーセンターの前に置かれたMontblanc Art Bags、ニューヨーク、米国、2003年

プロジェクトについて

2002年にモンブランは、6人の世界的なアーティストとともに独自のアートプロジェクトを開始しました。パリ・シャンゼリゼ通りのMontblanc Flagship Boutiqueのオープンを記念して、Jean-Marc Bustamante、シルヴィ・フルーリー、ゲイリー・ヒューム、デビッド・ラシャペル、サム・テイラー=ウッド、アンヌ&パトリック・ポワリエが、それぞれ高さ3メートルのショッピングバッグの彫刻を制作しました。彫刻はアルミニウムを使って手作業で制作され、アーティストのデザインが印刷されました。他に類を見ないこれらの作品は、その後世界中を旅し、アートイベント、Montblanc Flagship Boutiqueの前、ニューヨークのロックフェラーセンター、シドニーのマーティンプレイス、ケープタウンのウォーターフロント、ロンドンのボンドストリートといった特別な場所に展示されています。モンブランはこのプロジェクトを通して、世界的なアーティストと協力して類稀なる芸術作品とアートプロジェクトを展開および普及するという課題、ならびに類稀なる場所でのそれらの作品の展示を中心とした長きにわたる伝統を維持しています。

プロジェクトは現在も継続しており、開始から10年近くが経った2011年には、オランダ人アーティスト、Marcel van Eedenが7番目のArt Bagを制作しました。モンブラン文化財団がハンブルク市立美術館のために新たに購入したその作品は、一般公開に合わせ、2011年4月に他のすべての彫刻とともに美術館の前に展示されました。