Anne & Patrick Poinier

アンヌ&パトリック・ポワリエ | フランス | 「Demain le soleil rouge se levera aussi sur le mont blanc」 | 2002年 | 300 cm×220 cm×90 cm | アルミニウムにデジタルプリント

アンヌ&パトリック・ポワリエ

フランス人アーティストのアンヌ&パトリック・ポワリエ(どちらも1942年生まれ)は、1960年代後半から共に活動を行っています。プロヴァンスのルールマランに暮らす2人は、架空の遺跡と神話の景色によって、芸術界で世界的に高い評価を得ています。彼らは過去の足跡や歴史的妥当性があると同時に個人的なつながりのあるものや記憶を集め、視覚的に表現しています。「記憶や文化的知識は、個人や社会の間のあらゆる相互理解の基本であると私たちは考えています」。ヴェネチア・ビエンナーレにも何度も出展している彼らは、創作活動についてこのように述べています。ハンブルクの美術史家、アビ・ヴァールブルク(1866年~1929年)の人文科学コレクションを参考にモンブランのために制作した「Homage to Aby Warburg」では、彼らは文化的記憶を視覚化し、マッパ・ムンディのようなディスクに投影した「Memoria Mundi」をデザインしました。2002年にアンヌ&パトリック・ポワリエは、Montblanc Art Bagsシリーズのために、モンブランを見て個人的に経験した美しさと儚さの記憶を描いた彫刻「Demain le soleil rouge se lèvera aussi sur le mont blanc」をデザインしました。