Huang Min

黄敏 | 中国 | 「ViewReview (Series 3)」 | 2011年 | 300 cm×220 cm×90 cm | アルミニウムにデジタルプリント

黄敏

アーティストの黄敏は、1975年に中国で生まれました。伝統的な中国の風景が水彩技法を用いて油絵で描かれ、現代的な洋服を着て手すりの向こうの自然を見つめるくだけた中国人のグループが前景に写実的な絵画技法で描かれているのが、彼女の絵画作品の特徴です。彼女はアーティスト一家に生まれ、家庭で中国における伝統的な絵画技法の訓練を受けた後、2006年まで四川美術学院と北京中央美術学院で学びました。彼女はキャンバス、磁器の板、中国の伝統的な宣紙を扱います。風景とそれを見る人々の異なる表現法が生み出す不調和は、黄敏の絵画では絵画そのもののように見える自然からの人間の疎外感と、前景に描かれた人々として別の時代に属することを強調しています。それと同時に、北京在住のこのアーティストは、見る人に内省を促す様式的ツールとして後ろ姿の人物を挙げながら、東洋と西洋の絵画の伝統を比較し、中国の伝統と西洋のライフスタイルを対比させています。彼女がモンブランのためにデザインした「ViewReview (Series 3)」 Art Bagは、その名前の由来となった長さ16メートルの複数のパノラマからなる作品群を参考にしたものです。この作品群に描かれた視覚的に内省させられる後ろ姿の等身大の人々は、景色を老荘思想の要素として作用させています。