Ma Jun

Ma Jun | 中国 | 「Porcelain Car (Series 1)」 | 2011年 | 300 cm×220 cm×90 cm | アルミニウムにデジタルプリント

Ma Jun

中国人彫刻家、Ma Jun(1974年生まれ)は、「Porcelain Car」(2003年)によって、芸術界で大きな注目を集めました。高級セダンの1:1の彫刻は、かすかに光る塗料と中国で磁器の絵付けに用いられる伝統的なモチーフで覆われています。2003年に北京中央美術学院を卒業したこのアーティストは、モンブランのために「Porcelain Car (Series 1)」Art Bagを制作しました。この作品は、細かいひび割れとフォークロアパターンによって、数世紀にわたって受け継がれてきた伝統的な中国の磁器を焼き上げて絵付けしたような風合いを持たせています。磁器、繊維ガラス、アルミニウムで構造的な形状のオブジェを作るため、Ma Junは主に自動車、テレビ、カセットレコーダー、魔法瓶、飲料缶のような西洋の豊かさを象徴する製品を選び、典型的な磁器の表面に仕上げることによって、それらに中国の文化を融合させています。彼は自身の作品は主にクレス・オルデンバーグとアメリカンポップアート運動の影響を受けていると考えており、基本的にはそのようにしてアイデンティティを生み出す消費財の力に疑問を投げかけています。