Marcel van Eeden

Marcel van Eeden | オランダ | "Help!" (Artbag) | 2011年 | 300 cm x 220 cm x 90 cm | アルミニウムにデジタルプリント

Marcel van Eeden

主に木炭で描かれたオランダ人アーティスト、Marcel van Eeden(1965年生まれ)の小型の作品では、得体の知れない、しばしば暗く不気味な物語が展開されます。現在はチューリッヒとハーグに在住する素描家でありコンセプチュアルアーティストである彼は、1993年にデッサンを1日1点描き始めました。しかし、迷宮のような世界に配置されたデッサンには、自伝的経験は全く反映されていません。van Eedenが使用するのは、映画、雑誌、文学作品の典型的なイメージで、そのどれもがもともと彼が生まれた1965年11月22日以前に制作されたものです。そうすることによって、彼は語り手として歴史とフィクションに現在を織り交ぜるのです。彼が選ぶイメージは、センセーショナルな事件を示すものではなく、むしろ日常生活の片隅にある些細な出来事を表しています。2011年にMarcel van Eedenは、Montblanc Art Bagsシリーズのために「Help!」と題された彫刻をデザインしました。おとぎ話を思わせる紙を切り抜いたようなシルエットが明るい水彩の花びらと出会い、不透明な要素が透明な部分と対照をなし、しっかりと地についた要素と軽やかに宙に浮く物体がコミックにインスピレーションを得た吹き出しと謎のテキストコメントによってつながれ、会話を交わします。