Zou Cao

Zou Cao | 中国 | 「Everlasting Classic」 | 2011年 | 300 cm×220 cm×90 cm | アルミニウムにデジタルプリント

Zou Cao

有名な人物を描いたグリザイユのポートレートにスクリーンの模様のようにあしらわれたアーティストの指紋が、1975年に中国で生まれた画家であり哲学者であるZou Caoの作品の特徴です。1960年代におけるポストモダンアートの潮流、特にアメリカンポップアートに対する分析が刺激となり、キャンバスに油彩で描かれた大判のポートレート作品のモデルには、政治家、アーティスト、女優の有名な写真が選ばれ、それらがモノクロ、赤、マゼンタの背景に白黒の新聞印刷のように浮かび上がります。一方、描かれた写真にはZou Caoの指紋が重ねられ、被写体の力強い眼差しを覆い隠すと同時に、ポートレートと混ざり合い、半身像の輪郭となります。2001年まで芸術を学んだZou Caoは、2004年に哲学博士号を取得し、2007年からは北京中央美術学院で教鞭を執っています。中国で個人を識別するために伝統的に用いられてきた指紋は、ポートレートがメディアに偏在することによって生じる有名人の見せかけの「多様性」と対立する関係にあります。彼はモンブランのために、イングリッド・バーグマンのポートレートとグレース・ケリーの写真を題材にしたArt Bag「Everlasting Classic」を制作しました。この作品は、マリリン・モンローやアンジェリーナ・ジョリーなどの写真を使用した「Peerless Beauties」シリーズに関連したものです。