Atsushi Kaga

Atsushi Kaga | 日本 | 「Usacchi and friends with electronic epuipment」 | 2010年 | 172 cm x 172 cm | キャンバスにアクリル

Atsushi Kaga

悲しげなパンダ、生意気なウサギ、利口なトラ、無数のノートパソコン、疲れたスーパーヒーロー。コミックのような絵画には、奇妙な姿が溢れています。1978年に東京で生まれ、現在はニューヨークに暮らす Atsushi Kagaは、素朴で子どものようなスタイルの表現によって、それらをユーモアのあるイメージのラグに織り込んだ「Usacchi and friends with electronic equipment」をモンブランのために特別に制作しました。Kagaは、日本の漫画文化と現代の玩具とエレクトロニクスの世界にインスピレーションを得て、デッサン、彫刻、アニメーションのひどい配役のキャラクターを通して、個人的な経験と文化的アイデンティティの追求に関する非常に深い物語を語ります。案内役を務めるのは、アーティストの分身である愛すべきいたずら好きのウサギのキャラクター「Usacchi」と、その相棒である自動車事故で負傷した薬物中毒のクマ「Kumacchi」です。彼らは共にたばこを吸い、酒を飲み、人生の哲学を語ります。東京の多摩美術大学と2005年までダブリンの国立芸術デザイン大学で学んだKagaは、カラフルでありながら牧歌的ではないイメージの世界を作り出します。よく見ると、彼が描くキャラクターはあまりに人間的であり、自らの運命を生き、アーティストの真剣なメッセージを代弁していることが分かります。