中国

Patron of Art Edition 2009 Max von Oppenheim-中国

受賞者:
馬未都氏

後援:
観復博物館

審査員:
Lu Kun氏
Zhang Zi Kag氏
Zhao Ru Heng氏

イベント:
観復博物館の創設者兼チーフディレクター(Chief Director)の馬未都氏が、中国の伝統芸術および文化の振興と発展における優れた功績により、2009年6月8日に2009年モンブラン・デ・ラ・キュルチュール・アート・パトロネージ・アワードを受賞しました。

馬未都氏はモンブラン文化財団に感謝の意を表し、「中国で初めての個人博物館を設立するという偉業は達成されましたが、まだまだ道は続きます。観復博物館が時代の文化的シンボルとなるよう、引き続きその発展に尽力していきます」と述べました。

授賞式では、馬未都とその活動を称え、4つの芸術的パフォーマンスからなるライブショーが行われました。

最初の3つは書、詩、音楽という中国人学者の代表的な研究に基づくもので、ミニマリスト的な黒い背景をシンプルな光が照らすなか、書道家のZhang Ji-Haiがキャンバスに言葉を描き、俳優が詩を朗読し、ダンサーたちが現代的なひねりを加えた中国の古典舞踏を披露しました。

いずれも音楽と動きを伴い、異なる芸術形式を結び付けました。最後に、同世代で最も有力な音楽家の1人であり北京中央音楽学院の教授として有名な古琴奏者の李祥霆によるパフォーマンスが行われました。

出演者たちは共に、中国古典芸術の美しさと単純さによって現代の観客を魅了しました。