スペイン

Patron of Art Edition 2009 Max von Oppenheim-スペイン

受賞者:
Liliana Godia

後援:
フランシスコ・ゴディア財団

審査員:
ステファノ・パラッチ
リディア・デルガード
ビセンテ・アミーゴ

イベント:
モンブラン文化財団は、フランシスコ・ゴディア財団の代表としての後援活動により、2009年4月29日にバルセロナにおいて、
フランシスコ・ゴディア財団理事長(President)のLiliana Godiaに2009年モンブラン文化賞を授与しました。審査では、ヨーロッパにおける文化と芸術の支援および普及活動も考慮されました。

Montblanc EspañaのCEOであるHubert Wieseがスピーチを行い、父親に敬意を表して設立した財団を率いてきた彼女の情熱を強調しました。

イベントには、バルセロナ市議会の市民関係担当委員(Civic Relations Commissioner)である Katy Carreras-Moysi、Xavier Trias de Bes、Alberto Fernández Díaz、カタルーニャ州政府の元文化相、Ferran Mascarell、Media Planning GroupのLeopoldo Rodés会長、Sport CulturaのManual Carreras会長、Bagués-MasrieraのCEO、Joan Oliveras-Bagués、Equestrian CircleのBorja García-Nieto会長、Joyerías RabatのオーナーであるEsteban Rabat、Cristina Valls-Tabernerが出席しました。

フランシスコ・ゴディア財団は、12世紀から現代まで芸術史のあらゆる段階を網羅するヨーロッパでも有数の完成度を誇るコレクションを通じて、文化的遺産を発信し、普及し、発展させることを使命としています。Liliana Godiaは、1999年に父親であるフランシスコ・ゴディアに敬意を表してその財団を設立して以来、地域の芸術と文化の振興を目的として立ち上げられたあらゆるプロジェクトに参加しています。