フランス

Patron of Art Edition 2010 Elizabeth I-フランス

受賞者:
マルティーヌ・フランク

後援:
アンリ・カルティエ=ブレッソン財団

イベント:
2010年7月13日にモンブラン文化財団は、著名な写真家でありアンリ・カルティエ=ブレッソンの最後の妻であるマルティーヌ・フランクにFrench Montblanc de la Culture Arts Patronage Award 2010を授与しました。

彼女は生涯をかけて写真芸術に貢献し、2002年にアンリ・カルティエ=ブレッソン財団を設立するに至りました。そのような功績が認められ、彼女にこの栄誉が授けられました。授賞式は、2010年6月1日にパリのアンリ・カルティエ=ブレッソン財団で行われました。

受賞者のマルティーヌ・フランクは、20世紀の写真界で最も優秀で最も影響力を持つ人物の1人であるアンリ・カルティエ=ブレッソンの最後の妻で、非常に著名な写真家です。アンリ・カルティエ=ブレッソンの作品に秘められた精神と伝説を生かし続けたいとの思いから、マルティーヌ・フランクは2002年にアンリ・カルティエ=ブレッソン財団を設立しました。財団は、次世代と展示会の主催者のために巨匠の残した遺産を保護することに主眼を置いています。