スペイン

Patron of Art Edition 2011 Gaius Maecenas-スペイン

受賞者:
ソフィア王妃

後援:
ソフィア王妃財団および長年にわたる芸術の支援

イベント:
モンブラン・デ・ラ・キュルチュール・アート・パトロネージ・アワードは、2011年4月9日にスペイン・マドリードで最初に行われた見事な授賞式から始まりました。授賞式の会場となったのはサルスエラ宮殿で、Montblanc International CEOのLutz Bethgeと、モンブラン文化財団の会長(Chairman)を務める世界的に有名なピアニストの郎朗から、スペインのソフィア王妃に最初の2011年モンブラン・デ・ラ・キュルチュール・アート・パトロネージ・アワードが授与されました。

モンブランは、賞の創設から20周年を迎え、「ソフィア王妃財団」を通じた芸術の支援により、ソフィア女王に2011年モンブラン・デ・ラ・キュルチュール・アート・パトロネージ・アワードを授与するという特別な栄誉にあずかりました。ソフィア王妃財団は、1977年5月に非営利目的の文化財団として設立されました。同財団は、1994年から多数の教育・保健プロジェクトや社会的・人道的支援プロジェクトを運営および推進し、子どもたち、高齢者、移民出身者、身体障害者、自然災害の被災者に恩恵をもたらしています。

Montblanc International CEOのLutz Bethgeは、社会の最弱者に対するソフィア王妃の取り組みを取り上げ、彼らに教育の機会を与え、彼らが文化的な生活に参加できるようにすることによって、その将来の可能性を広げるための努力を称賛しました。