2002

2002年

2002年にモンブランは、ザルツブルク音楽祭の一環としてYoung Directors Projectを立ち上げました。スイスのイーゴル・バウアージーマ、フランスのフレデリック・フィスバック、リトアニアのオスカラス・コルスノヴァスの3人の若手演出家が招かれ、ザルツブルク音楽祭の幅広い観客に向け作品を発表しました。

第1回Young Directors Cutでは、Helga Rabl-Stadler博士、「イェーダーマン」Peter Simonischek、ギャラリーの経営者であるタダエス・ロパックが審査員を務め、3人の演出家が手掛けた作品を等しく評価しました。したがって、賞金10,000ユーロは3人の受賞者に分配されました。フレデリック・フィスバックは、急進的なアプローチと作品の精巧さが評価され、限定賞品としてMax Reinhard Writing Instrumentを受け取りました。