2003

2003年

モンブランが主催した2003年の第2回Young Directors Projectでも、3人の若手演出家が招かれ、ザルツブルク音楽祭で作品を発表しました。アルヴィス・ヘルマニスは、現代的で斬新なレパートリーを中心とした「REVIZOR」を上演し、それに対抗し、Monika Gintersdorferがベルリン・ドイツ座の協力を得て「DIE FRAU VOM MEER」、Antonio Latellaがナポリのヌオーヴォ劇場とパルレモにあるガリバルディ劇場の協力を得て「PORCIL」を発表しました。

最後に、Jaunais Rigas Teatrisがザルツブルク音楽祭と協力して制作したニコライ・ゴーゴリの「REVIZOR」の演出を手掛けたアルヴィス・ヘルマニスにMontblanc Young Directors Award 2003が贈られました。この幸運な受賞者は、賞金10,000ユーロとYoung Directors Projectのために特別にデザインされたモンブランの限定筆記具「Hommage à Max Reinhardt」を手にしました。