渋谷 慶一郎さん 第2回:Leaving the Comfort Zone

第2回:Leaving the Comfort Zone

渋谷 慶一郎(しぶや・けいいちろう)

音楽家

1973年生まれ。東京芸術大学作曲科卒業。2002年に音楽レーベルATAKを設立。 以後、音楽レーベルとして国 内外の先鋭的な電子音響作品を数多くリリースする。 2015 年に入ってからの活躍は目ざましく、パリのパレ・ド・トーキョーでパリ・オペラ座のダンサーたちとのコラボレーションによる公演「THE WAY OF THE RABBIT」に唯一の音楽家として参加。7月にはソニークラシカルより「ATAK022 Live In Paris Keiichiro Shibuya」を発表。9月には完全アンプラグドのピアノソロ・コンサート「Playing Piano With No Speakers」を2日連続で開催、11月にはパリ・サブロンでのダンサー、コンテンポラリーアートとのコラボレーションによる公演も予定されている。 代表作に“ATAK000+”、“ATAK010 filmachine phonics”、ピアノソロ・アルバムとして“ATAK015 for maria”など。

新たな試み。音楽レーベルATAKの立ち上げ。

渋谷:東京藝術大学を卒業してからは、ピアノと生のストリングスを使ったりして音楽を作っていて、それなりにオファーもあったし雑誌にも取り上げられたりしました。一部では注目されたりもしたんですけど、これを続けても限界があると思い、一度開店休業状態にしたんです。コンサートを行うのを止めて、アレンジャーの仕事も極力減らして、コンピュータで音楽を作るのに没頭しました。そろそろ自分の作品を作り、満足のいく形で出さないとダメだなと思ったんです。当時の生活は貧乏でしたね。ご飯と納豆とモヤシ、えのきしか食べないで1年過ごしたこともあります(笑)

2002年になると音楽レーベルATAKを立ち上げます。既存のレコード会社で求められるものとは違うことをやりたいと思ったんですね。またデザインにも興味があったので、自分でレーベルを持てば興味のあるデザイナーと組んだり、デザインのディレクションにも参加できたりする。音楽とそれ以外のクリエイションを分けないで出来るようになりたかったんです。

楽天的な性格なので、自分自身で「出来た」と思い納得した作品は、多くの人に受けなくても、世の中で成立するくらいの居場所は見つかるのではないかと思っていました。今でもそれは変わりません。問題は、自分が「出来た」と思わなかったとき、満足しなかったときです。それが続くと音楽を作れなくなってしまうのではないか?という恐怖はいつも少しだけ持っています。世間の反応よりそっちが怖い。

コラボレーターとの出会い。サウンドインスタレーション制作。

渋谷:サウンドインスタレーションの分野に踏み出したのは、山口芸術情報センター(YCAM)のチーフキュレーター、阿部一直さんとの出会いがきっかけでした。既存のいわゆる音楽的なものを否定してコンピュータ・ミュージックを始め、ATAKを立ち上げたので、当初は僕自身の音楽的な素養や能力はある意味では隠蔽して音楽を作っていました。でもそのなかにも音楽的なものを見いだす人がいて、その一人が阿部さんでした。彼は音楽にも非常に詳しくて、僕の音楽的な能力をフルに発揮したサウンドインスタレーションを作りませんかというオファーをしてくれたんです。これは画期的なオファーでした。サウンド・インスタレーションは当時はサインウェーブやホワイトノイズと低周波、高周波みたいな世界でしたから、超音楽的なサウンド・インスタレーションを作るというアイディアはなかったと思うし、今に至っても珍しいと思います。実現するまでに1、2年かかって、「filmachine」という作品ができました。2006年のことなのでもう10年近く前になりますが、ビジュアルな要素を極力排除した純粋な意味での「サウンド」インスタレーションで「filmachine」より斬新なものは知らないです。

「filmachine」は複雑系科学研究者の池上高志さんとのコラボレーション作品でもあります。池上さんと初めて会ったのは、僕が2004年に最初のソロアルバム「ATAK000」を発表した後でした。「ATAK000」ではサインウェーブやホワイトノイズなど当時流行っていた要素と自分のピアノを混ぜたりして、やりたいことをやり尽くした感がありました。さて、これからどうしようと思っていた時期でした。池上さんの専門の複雑系は科学の分野では最もコンピュータシュミレーションを徹底的に行う、いってみればコンピュータの可能性を誰よりも知ってる人です。コンピュータを使ってここから先に進むならこの人と一緒にやるのが一番いいと思ったので、すぐに何か一緒に作りましょうと声をかけました。出会ってから半年後の2005年12月には、ICC(NTTインターコミュニケーションセンター)で共同制作したサウンドインスタレーション作品と音楽理論「第三項音楽」の研究発表を行いました。

コンピューターを捨て、再びピアノの世界へ。

「filmachine」は2008年にベルリンでも発表し、僕にとって初の大規模な海外公演となりました。同時にコンピュータのコンサートを行ったのですが、大きな反響がありました。現地で販売したCDも全て売り切れ、ベルリンでクラブに行けば「あのライブはすごかった」と握手を求めてくる行列ができるほどでした。手応えは感じましたが、同時にこれ以上過激なことをテクノロジーでできるのだろうかという懐疑も抱きました。そんな岬の突端にまで行ってしまった気がした時に、僕の妻で一緒にレーベルもやっていたマリアが自ら命を絶って先に逝ってしまった。僕は音楽的にもプライベートでも岬の突端に一人で取り残されてしまった。その後しばらく上の空な気持ちでコンピュータを続けていましたが、これ以上無理だと思い、すべてを振り切ってピアノソロで音楽を作る決心をしました。そして生まれたのが『ATAK015: for maria』(2009年)です。

このアルバムを作る1年前にマリアの音楽葬を行いました。そのコンサートのタイトルが「for maria」で当時はアルバムを作ることなんて考えてなかったんです。コンサートのために「for maria」という曲を書こうと思ったのですが、かなり苦しい作業でした。これを書きあげることができなければ自分はダメなんだとかなり追い込みました。自宅のアップライトピアノがある部屋にある机に五線紙と彼女の遺骨が入った骨壷をボンとおいて、いつでも曲を書けるようにしていましたが、プレッシャーが大きすぎて全く書けなかった。やっと曲が完成したのはコンサート当日の朝6時でした。

第3回につづく