渋谷 慶一郎さん 第5回: The End ?

第5回 :The End ?

渋谷 慶一郎(しぶや・けいいちろう)

音楽家

1973年生まれ。東京芸術大学作曲科卒業。2002年に音楽レーベルATAKを設立。 以後、音楽レーベルとして国 内外の先鋭的な電子音響作品を数多くリリースする。 2015 年に入ってからの活躍は目ざましく、パリのパレ・ド・トーキョーでパリ・オペラ座のダンサーたちとのコラボレーションによる公演「THE WAY OF THE RABBIT」に唯一の音楽家として参加。7月にはソニークラシカルより「ATAK022 Live In Paris Keiichiro Shibuya」を発表。9月には完全アンプラグドのピアノソロ・コンサート「Playing Piano With No Speakers」を2日連続で開催、11月にはパリ・サブロンでのダンサー、コンテンポラリーアートとのコラボレーションによる公演も予定されている。 代表作に“ATAK000+”、“ATAK010 filmachine phonics”、ピアノソロ・アルバムとして“ATAK015 for maria”など。

人間が次に新たに感動するものとは?

渋谷:ここ1、2年、粘り強く取り組んでいるのは、アンドロイドが歌うオペラです。技術的な障害もたくさんあるので大変ですが、やりたいと思っています。僕は結局、歌がうまけりゃ人は感動するじゃん、みたいな人間的な芸術を越えてみたい。わたしは何に感動しているんだろう?という未知の感動を作りたいんです。アンドロイドは擬人化されたテクノロジーなのが面白い。テクノロジーと常に同居していた抽象性がそこには無くて、別の次元の生身のようなものが不完全に存在している。人間を上回るもの、人間のようなテクノロジーに対して、ロマンチックな幻想とある種の恐怖を持っているでしょう。僕はその感覚は新しい音楽と相性がいいと思っているんです。

あと最近よく思うのですが、オートマティックに作られたものに感動したいという欲望が、人間のなかに生まれているのではないでしょうか。オートマティックというのはクリエイティブな世界では否定的に語られがちでしたが、人間が次に新たな感動を手に入れられるとしたら、人間の手が入っていないオートマティックな部分が半分以上を占めているものだと思います。恣意的な人間による構築が主になるのではなく、ほとんどをテクノロジーが司っていてそれを調整するのが人間といったものが、音楽でもやりたいと思っています。

音楽を作るソフトウェアに関しても、徐々にそういうものが登場してきています。今までは、ギター、ベース、ドラムといった具合に従来の楽器のシュミレーションが主流でした。最近出てきたものでは、そういう楽器や音符とは一切関係のないひとつながりの音の中に、大量の情報を入れることができるソフトウェアのシンセサイザーが登場し始めています。

先日、エルメネジルド ゼニアの「MADE IN JAPAN」というプロジェクトに参加させていただいてホンマタカシさんが撮影したキャンペーンの映像に対して音楽を作ったのですが、そこではこのシンセサイザーだけを使っています。すごくフレッシュなプロセスだったのが結果にも反映されていると思います。こうしてCDや広告といった発表形態を問わず、チャレンジングなこととクオリティのバランスを考えるのは面白いと思っていて、依頼されたものだからプロっぽい仕事になるとか、自分の仕事だから実験的になるとかいうのはつまらないというか前時代的だと思うんです(笑)。常に、新しくてクオリティも高く、フレッシュであることが大事だと思っています。

再発見した日本。日本の古典のなかに見出した現代性。

渋谷:日本の古典の要素を作品に取り入れることにも興味があります。三味線は音を出す時に”さわり”というノイズを混ぜますが、どのくらいノイズを混ぜるかによって演者の力量がわかります。日本の古典音楽は、ノイズを積極的に取り入れるんですよね。西洋音楽はノイズを排除してきましたが、それ以上に排除してきたのが音色に対する嗜好性や快感です。音色に対する快感原則やノイズは、日本も含めアジアの音楽に特徴的なものです。

日本とフランスを行き来するようになって、今まで気付かなかった日本の良いところが見えてきたりすることがあります。音楽やアートのようなものだけじゃなくても、例えば僕は近所でしかものを買わないので、近所の事しか知らないんですけれど(笑)、代官山の事務所の近くにOKURAというお店があるんです。なぜ海外の人がこの店を好きなのかが、最近よくわかってきました。エスニックなだけでなくてオリジナリティもあり、クオリティも高い。日本にいるときは、逆に日本のものを積極的に買うようになりました。中目黒や恵比寿で売っている日本人のデザイナーの服もすごく東京的で面白い。自分でも新鮮な発見です。

無意識の世界に向かって。音楽とテクノロジーの未来。

渋谷:最近は、思いついたものを煮詰めないで、新鮮なままアウトプットするようにしています。以前はすごく作り込む方で、キックの音を作るのに1日10時間以上作業して1週間以上作り込んでいましたが(笑)、それに比べるとずいぶん変わりました。今は、テクノロジーを使って、無意識を形にする方向に向かっていますね。考えないで、夢遊病みたいにバーっといじって、いいっていうところで止めたものが一番良かったりするんです。

コンピュータに操られている感覚がありますね。ピアノも一つのテクノロジーですから。昔の人は自分の中のイメージは美学的なものだから排除しなくてはいけないという前衛の意識がありましたが、僕はその否定の否定をしています。どこまでいっても自分のイメージや好き嫌いから逃れられないのが人間だと思うので、そこから始めるんです。でもなるべくそこから遠いところにいこうとするならば、自分のイメージの中に自分の無意識を入れていかなければならない。それがテクノロジーを使うと、果てしなくできてしまうところがあるんです。

人間の限界を越えた何かに興味がありますね。しかも、それが研究所など世間から隔離された特殊な空間でできるのではなく、市販のテクノロジーでどんどんできる時代になっているのが面白いと思います。

おわり