伝統を守る手作業による製作


ヴィルレの工房から送り出されるどのハンドメイドの最高傑作にも、時計製造技術を完璧に操る力、熟練の眼、そして時計の魂を直感的に理解する力が必要です。高い慣性モーメントを備えた大型テンプは、時計の最も重要な部品で、すべてが自社で製造されます。このように正確な作業を必要とする高いレベルの技術を有する時計メーカーはほとんど存在しません。テンプの振動を制御するのに必要なこの繊細なヒゲゼンマイも同様に、自社の工房で手作業により製造、調整されています。ムーブメントが最終的に動き出す前に、「調速師」が手作業で丹念に輪列の調整を行います。数時間を要するこの作業により、どのような姿勢でも時計の正確な歩度が保証されるのです。
モンブランコレクションの中でダイヤモンドをセットした時計は、優れたクラフツマンシップが感じられる最高の一例と言えます。貴金属と最高の装飾を組み合わせることで、ファインジュエリーの魅力溢れるウォッチが誕生するのです。