Demetrio Cabiddu

デメトリオ・キャビドゥの子供の頃の夢は、卓越した技術と最高のクラフツマンシップを体現する時計のムーブメントを作ることでした。大胆にも15歳の若さで家を出た彼は、スイスのジュウ渓谷に行き、ずば抜けた時計製造のキャリアの基礎を築くための理想的な環境にたどりつきました。
1969年の月面着陸のとき、ニール・アームストロングとバズ・オルドリンが着用した腕時計に搭載され、正確に時を刻んだ伝説的なキャリバー27 CHRO C12を製作できたであろう時計職人はいるでしょうか。キャビドゥならば、幾度となく示した彼の力量から可能です。いやそれ以上でしょう。彼は、現在の役職であるヴィルレのモンブラン・マニュファクチュールのテクニカル・ディレクターは「夢の実現」であり、自分にとって極めて大きなチャレンジであると述べています。「私たちはいつも、まだ知らないことがたくさんあると感じています」と、彼は控えめに言っています。