Gildas Le Doussal

彼のCVは、まるで時計が正確に時を刻むように完璧です。ムーブメントの概念を専門とする工学の学位を取得。ル・ロックルの専門学校(CIFOM)およびサンチミエの工業学校のディプロマを取得。20年におよぶ実務経験。教員としてCIFOMに勤務。ル・ロックルにあるモンブラン・マニュファクチュールのムーブメント設計部門責任者に就任。時計職人の息子として生まれたギルダス・ル・ドゥサールは、ムーブメントの設計に並々ならぬ情熱を燃やしています。すでに大きな成功を収めている彼にとっても、TimeWalker TwinFlyの中で時を刻む自社製キャリバーMB LL100の開発は、これまでにない最大のチャレンジでした。
「考えてみてください。多くの機能すべてがムーブメントの中央部を介して作動しなければなりません。通常の時刻表示のための時針、分針、そして、経過時間を表す秒針、分針、さらには、ゼロリターン機能・・・」と、ル・ドゥサールが説明します。「この独立した全く新しい構造を基に、自社製キャリバーの今後の開発に非常に大きな可能性が期待できます。」