品質証明に500時間

ル・ロックルにあるモンブラン・マニュファクチュールの時計職人たちは、製造工程の最初の段階から、全部品の優れた品質を維持するために最善の努力を払っています。製造方法、専門技術、そして細部におよぶ細やかな配慮により、完成品は最高の品質基準を満たすことができるのです。

マニュファクチュールで製造されたすべての時計が最高レベルの性能を維持することを保証するため、ル・ロックルにあるモンブラン・モントレS.A.(Montblanc Montre S.A.)の品質部門は、総合的な検査プログラムを開発、実施し、出荷する前にすべての時計が最高品質であることをチェックしています。

500時間におよぶこの検査では、使用開始後の数年間がシミュレートされます。完成してケースに収められたムーブメントは、専用の実験室で精密に検査されます。どの自社製ウォッチの検査も、今後着用した時に遭遇する環境に限りなく近い条件の下で行なわれます。この検査プログラムは複数の段階で構成されており、それぞれが時計製造業界で広く用いられている手法に従って行われます。
各検査は特殊な装置で監視されます。適用される個々の方法と500時間にもおよぶ期間により、この検査は時計製造の世界においても実に特別なものと言えるでしょう。

自社製の時計をすべて約3週間検査することにより、各モデルの品質と信頼性の高さを確認し、ユーザーに生涯ご愛用いただけるよう努めています。