全ての詳細

作 家シリーズでモンブランが今回取り上げたのが、偉大なる風刺作家であり、イギリス/アイルランド文学界の巨匠ジョナサン・スウィフトです。そのデザインは スウィフトの名作『ガリバー旅行記』にインスパイアされています。ボディはブラックラッカー製で、リリパット島の海辺にガリバーを縛り付けるのに使われた 紐を思い起こさせる多層の象嵌が飾られています。キャップはブラック プレシャスレジン製でガリバーの三角帽子を模した形になっており、ジョナサン・スウィフトのサインが入っています。クリップはガリバーに向かって演説する ためにリリパットの王様が上った階段のデザインになっています。クリップもフィティングもプラチナ仕上げです。ロジウム仕上げ18Kゴールド製のペン先に は両脚を広げたガリバーの股下を行進するリリパット皇帝の軍隊の姿が精巧にエングレービングされています。『ガリバー旅行記』を生んだ偉大なる作家、ジョ ナサン・スウィフトを称える逸品の作家シリーズが誕生しました。

1881 年マラガで生まれたパブロ・ピカソは、7歳にして絵を描き始め、それからわずか2年後には、初の油絵「ピカドール」を完成させました。これが類稀なアー ティストとしてのキャリアのスタートであり、その始まりは、父親の絵画クラスにおいて幕を開けたのでした。 1973年フランスのムージャンで亡くなるまでに、この20世紀の天才アーティストは、セラミックへの素描や詩から、彫刻や絵画に至る50,000点を超 える作品を制作しました。その作品の中には、「平和の鳩」や、スペイン内戦における同名の町の破壊を描いた彼の最も有名な作品「ゲルニカ」などがありま す。この作品は1937年にパリ国際万国博覧会で初めて展示され、大絶賛されました。今日でも、私たちは、この伝説のクリエイター、パブロ・ピカソととも に、永遠に生き続けるであろうさまざまな形が語りかけるユニークなメッセージに感銘を受け続けています。

詳細

作 家シリーズでモンブランが今回取り上げたのが、偉大なる風刺作家であり、イギリス/アイルランド文学界の巨匠ジョナサン・スウィフトです。そのデザインは スウィフトの名作『ガリバー旅行記』にインスパイアされています。ボディはブラックラッカー製で、リリパット島の海辺にガリバーを縛り付けるのに使われた 紐を思い起こさせる多層の象嵌が飾られています。キャップはブラック プレシャスレジン製でガリバーの三角帽子を模した形になっており、ジョナサン・スウィフトのサインが入っています。クリップはガリバーに向かって演説する ためにリリパットの王様が上った階段のデザインになっています。クリップもフィティングもプラチナ仕上げです。ロジウム仕上げ18Kゴールド製のペン先に は両脚を広げたガリバーの股下を行進するリリパット皇帝の軍隊の姿が精巧にエングレービングされています。『ガリバー旅行記』を生んだ偉大なる作家、ジョ ナサン・スウィフトを称える逸品の作家シリーズが誕生しました。

1881 年マラガで生まれたパブロ・ピカソは、7歳にして絵を描き始め、それからわずか2年後には、初の油絵「ピカドール」を完成させました。これが類稀なアー ティストとしてのキャリアのスタートであり、その始まりは、父親の絵画クラスにおいて幕を開けたのでした。 1973年フランスのムージャンで亡くなるまでに、この20世紀の天才アーティストは、セラミックへの素描や詩から、彫刻や絵画に至る50,000点を超 える作品を制作しました。その作品の中には、「平和の鳩」や、スペイン内戦における同名の町の破壊を描いた彼の最も有名な作品「ゲルニカ」などがありま す。この作品は1937年にパリ国際万国博覧会で初めて展示され、大絶賛されました。今日でも、私たちは、この伝説のクリエイター、パブロ・ピカソととも に、永遠に生き続けるであろうさまざまな形が語りかけるユニークなメッセージに感銘を受け続けています。

Pablo Picasso

シェアする

その他のバリエーション