全ての詳細

アンディ・ウォーホル

1928年米国ペンシルベニア州ピッツバーグに東欧系移民一家の三男として誕生したアンデ ィ・ウォーホルは、ごく平凡なものを非凡な作品へ変えることで、世間にセンセーションを引 き起こしたアーティストでした。彼は、自らが手がけた印象的な作品を通じて、「ハイアート(高 尚芸術)」と「コマーシャルアート(商業芸術)」の間に当時存在していた壁を取り除きました。 芸術とは何か、芸術とはどのように創造されるのかといった伝統的な一般通念を否定し、芸 術と定義されていた概念を永久に一変させてしまったのです。どこにでもあるものを対象と したアンディ・ウォーホルの作品は、見た者にその対象が平凡なものであることを忘れさせて しまうほど刺激的かつ魅惑的で、世界中の美術品収集家や世間一般に瞬く間に認知され、オ ークションでは破格の値段で取引されています。アンディ・ウォーホルはまさに、ほんの一握 りのアーティストにしか成し遂げられなかった類の業績を残した人物でした。彼は、彼が生き た時代におけるレジェンドであったばかりでなく、今や現代文化の象徴となっており、今日に おいても私たちを魅了し続けています。 

アンディ・ウォーホル リミテッドエディション1928

リミテッドエディション1928のデザインは、アンディ・ウォーホルの力強い作品である『フラワー』(1964年)から着想 を得ています。キャップには、大胆な色使いが特徴的な4つのフラワーをモチーフにしたアンディ・ウォーホルの作 品に倣って、4つの花のイメージが縦横2つずつ装飾されています。また、スキージーを象ったクリップは、アンディ・ ウォーホルが習得し磨きをかけたシルクスクリーン印刷を連想させます。また、アンディ・ウォーホルが彼の作品に おいて継続的に発信していたコマーシャリズムというテーマから、尻軸には、彼がそれを象徴するシンボルのひと つに選んでいたバーコードの模様が装飾されています。ハンドクラフトによる750ゴールド製ペン先にエングレー ヴされたドル記号は、1981年『ドル・サイン』シリーズから来ています。さらに、 シルバーグレーカラーのボディは、ア ンディ・ウォーホルの伝説的なアートスタジオであるシルバーファクトリーへのトリビュートになっています。リミテ ッドエディション1928の万年筆、ローラーボールそれぞれの限定数「1928」は、アンディ・ウォーホルの生誕年に由 来しています。




芸術を別の視点から見るべきだと世界に挑戦した20世紀アメリカの傑出したアーティスト、アンディ・ ウォーホル。アンディ・ウォーホル美術財団は、1987年にアンディ・ウォーホルの遺志に沿って設立以 来、米国のコンテンポラリーアート活動へ資金を提供している主要な財団のひとつです。コンテンポラ リービジュアルアート、特に、実験的でまだ世間に認知されていない、または本質的に芸術に対する世 間一般通念に挑戦をなげかける性質の作品の創造、発表そしてその管理のために財団がこれまでに 支援してきた助成金は、約250,000,000ドルに及びます。アンディ・ウォーホルの創造的遺産を守りまた 高めていくことにコミットする財団の継続的な取り組みにより、アンディ・ウォーホルの独創的で進取 の気性に富む精神は間違いなく、何世代にもわたって今後の美術界に大きなインパクトを与えていく ことになるでしょう。アンディ・ウォーホル スペシャルエディションおよびリミテッドエディションのよう なライセンスプロジェクトを通じて財団が受け取る収入は、財団の活動の原資となり、助成金となり ます。アンディ・ウォーホル美術財団に関するより詳しい内容については、財団のウェブサイト (www.warholfoundation.org)をご覧ください。 

Andy Warhol, Andy Warhol artwork and quotes ©/®/TM The Andy Warhol Foundation for the Visual Arts, Inc.
Campbell Trademarks used with permission of Campbell Soup Company

詳細

アンディ・ウォーホル

1928年米国ペンシルベニア州ピッツバーグに東欧系移民一家の三男として誕生したアンデ ィ・ウォーホルは、ごく平凡なものを非凡な作品へ変えることで、世間にセンセーションを引 き起こしたアーティストでした。彼は、自らが手がけた印象的な作品を通じて、「ハイアート(高 尚芸術)」と「コマーシャルアート(商業芸術)」の間に当時存在していた壁を取り除きました。 芸術とは何か、芸術とはどのように創造されるのかといった伝統的な一般通念を否定し、芸 術と定義されていた概念を永久に一変させてしまったのです。どこにでもあるものを対象と したアンディ・ウォーホルの作品は、見た者にその対象が平凡なものであることを忘れさせて しまうほど刺激的かつ魅惑的で、世界中の美術品収集家や世間一般に瞬く間に認知され、オ ークションでは破格の値段で取引されています。アンディ・ウォーホルはまさに、ほんの一握 りのアーティストにしか成し遂げられなかった類の業績を残した人物でした。彼は、彼が生き た時代におけるレジェンドであったばかりでなく、今や現代文化の象徴となっており、今日に おいても私たちを魅了し続けています。 

アンディ・ウォーホル リミテッドエディション1928

リミテッドエディション1928のデザインは、アンディ・ウォーホルの力強い作品である『フラワー』(1964年)から着想 を得ています。キャップには、大胆な色使いが特徴的な4つのフラワーをモチーフにしたアンディ・ウォーホルの作 品に倣って、4つの花のイメージが縦横2つずつ装飾されています。また、スキージーを象ったクリップは、アンディ・ ウォーホルが習得し磨きをかけたシルクスクリーン印刷を連想させます。また、アンディ・ウォーホルが彼の作品に おいて継続的に発信していたコマーシャリズムというテーマから、尻軸には、彼がそれを象徴するシンボルのひと つに選んでいたバーコードの模様が装飾されています。ハンドクラフトによる750ゴールド製ペン先にエングレー ヴされたドル記号は、1981年『ドル・サイン』シリーズから来ています。さらに、 シルバーグレーカラーのボディは、ア ンディ・ウォーホルの伝説的なアートスタジオであるシルバーファクトリーへのトリビュートになっています。リミテ ッドエディション1928の万年筆、ローラーボールそれぞれの限定数「1928」は、アンディ・ウォーホルの生誕年に由 来しています。




芸術を別の視点から見るべきだと世界に挑戦した20世紀アメリカの傑出したアーティスト、アンディ・ ウォーホル。アンディ・ウォーホル美術財団は、1987年にアンディ・ウォーホルの遺志に沿って設立以 来、米国のコンテンポラリーアート活動へ資金を提供している主要な財団のひとつです。コンテンポラ リービジュアルアート、特に、実験的でまだ世間に認知されていない、または本質的に芸術に対する世 間一般通念に挑戦をなげかける性質の作品の創造、発表そしてその管理のために財団がこれまでに 支援してきた助成金は、約250,000,000ドルに及びます。アンディ・ウォーホルの創造的遺産を守りまた 高めていくことにコミットする財団の継続的な取り組みにより、アンディ・ウォーホルの独創的で進取 の気性に富む精神は間違いなく、何世代にもわたって今後の美術界に大きなインパクトを与えていく ことになるでしょう。アンディ・ウォーホル スペシャルエディションおよびリミテッドエディションのよう なライセンスプロジェクトを通じて財団が受け取る収入は、財団の活動の原資となり、助成金となり ます。アンディ・ウォーホル美術財団に関するより詳しい内容については、財団のウェブサイト (www.warholfoundation.org)をご覧ください。 

Andy Warhol, Andy Warhol artwork and quotes ©/®/TM The Andy Warhol Foundation for the Visual Arts, Inc.
Campbell Trademarks used with permission of Campbell Soup Company

Andy Warhol Limited Edition 1928

シェアする

その他のバリエーション