全ての詳細

マ ハトマ・ガンジーは、インドの政治的、精神的指導者であり、インド独立運動の中心的役割を担った人物です。このモデルのデザインは、彼の人生と偉業に敬意 を表するものです。キャップトップと尻軸は、ガンジーが綿を紡ぐ際に使用した紡錘(インド独立の象徴的存在の一つ)からインスピレーションを得たものです。 ホワイトは真実と平和を表すものであり、マンダリンガーネットはインド国旗の一部に用いられているオレンジ色を表しています。ペン先は、杖をついて歩くマ ハトマ・ガンジーを表しています。

また、限定モデルであるMahatma Gandhiリミテッドエディション3000は彼の人生を象徴しており、独立を求めるガンジーの闘いに身を投じた多くの民衆に捧げられています。このモデ ルの限定数は、万年筆が3,000本、ローラーボールペンが3,000本となっています。 Mahatma Gandhiリミテッドエディション241は、ガンジーがアーメダバードから海岸までの241マイルで「塩の行進」を行ったことに敬意を表するものです。 この行進が、17年後、インドに自由をもたらすことになったのです。歴史におけるこの重要な出来事を記念するため、わずか241本の世界限定で貴重な万年 筆が製作されました。その歴史的意義にふさわしく、手作業によるロジウム仕上げのK18ゴールド製ペン先は、マザー・オブ・パールのMontblancの ロゴで装飾が施されており、インド独立への道を歩んだマハトマ・ガンジーの姿が見事に刻印されています。

ガ ンジーが目指したのは自由であり、その手段は非暴力であり、そして、彼の武器は人間性でした。一般にマハトマ・ガンジーとして知られている、モハンダス・ カラムチャンド・ガンジーは、20世紀において最も魅力的な人物の一人と言えるでしょう。1869年10月2日ポルバンダル(グジャラート)で生まれ、位 の高いカーストに生まれた彼は、わずか13歳で結婚。ロンドンで法律を学んだ後、南アフリカで21年にわたって弁護士として働き、インド人移民の権利を擁 護するために力を尽くしました。1914年にインドに帰国するとすぐに、同胞のために尽力を続けてきた功績により、サンスクリット語で「偉大なる魂」を表 す「マハトマ」の称号を与えられましたが、彼自身はこの称号を決して受け入れませんでした。大英帝国からの完全独立を達成するため、彼は型破りな方策をと りました。彼が行った最も驚くべき運動の一つが、1930年アーメダバードからアラビア海までの241マイルを歩いた有名な「塩の行進」です。この抗議活 動は、インド人が塩を製造・販売することを違法とする法律に対して向けられたものでした。彼はこの闘いに勝利し、翌年3月には塩の専売が廃止されました。 60年間にわたり、彼は自由とインド独立を求めて闘いました。積極的に闘いましたが、その活動は常に非暴力的な手段がとられました。歴史は彼が正しかった ことを証明することになります。長きにわたる闘いを経て、インドは1947年8月15日、自治国家として認められます。ところがそのすぐ後の1948年1 月30日、ガンジーは夕べの祈りの最中、ヒンドゥー教原理主義者によって射殺されます。社会的、政治的変化は、暴力やテロではなく、愛や理解によって達成 することができることを世界に証明したことこそ、彼から世界への贈り物と言えるでしょう。

リミテッドエディション3000

発売開始:
限定数:
 

2009年10月
万年筆3,000本
ローラーボールペン3,000本

Characteristics:



 

• ピストン式の万年筆とローラーボールペン
• スターリングシルバー925製、ラッカーが施されたキャップと ボディに細かい織物構造を模した模様
• クリップリングにマンダリンガーネット(約0.11 ct)
• 手作業によるロジウム仕上げのK18ゴールド製ペン先
• アイボリーのMontblancのロゴ

詳細

マ ハトマ・ガンジーは、インドの政治的、精神的指導者であり、インド独立運動の中心的役割を担った人物です。このモデルのデザインは、彼の人生と偉業に敬意 を表するものです。キャップトップと尻軸は、ガンジーが綿を紡ぐ際に使用した紡錘(インド独立の象徴的存在の一つ)からインスピレーションを得たものです。 ホワイトは真実と平和を表すものであり、マンダリンガーネットはインド国旗の一部に用いられているオレンジ色を表しています。ペン先は、杖をついて歩くマ ハトマ・ガンジーを表しています。

また、限定モデルであるMahatma Gandhiリミテッドエディション3000は彼の人生を象徴しており、独立を求めるガンジーの闘いに身を投じた多くの民衆に捧げられています。このモデ ルの限定数は、万年筆が3,000本、ローラーボールペンが3,000本となっています。 Mahatma Gandhiリミテッドエディション241は、ガンジーがアーメダバードから海岸までの241マイルで「塩の行進」を行ったことに敬意を表するものです。 この行進が、17年後、インドに自由をもたらすことになったのです。歴史におけるこの重要な出来事を記念するため、わずか241本の世界限定で貴重な万年 筆が製作されました。その歴史的意義にふさわしく、手作業によるロジウム仕上げのK18ゴールド製ペン先は、マザー・オブ・パールのMontblancの ロゴで装飾が施されており、インド独立への道を歩んだマハトマ・ガンジーの姿が見事に刻印されています。

ガ ンジーが目指したのは自由であり、その手段は非暴力であり、そして、彼の武器は人間性でした。一般にマハトマ・ガンジーとして知られている、モハンダス・ カラムチャンド・ガンジーは、20世紀において最も魅力的な人物の一人と言えるでしょう。1869年10月2日ポルバンダル(グジャラート)で生まれ、位 の高いカーストに生まれた彼は、わずか13歳で結婚。ロンドンで法律を学んだ後、南アフリカで21年にわたって弁護士として働き、インド人移民の権利を擁 護するために力を尽くしました。1914年にインドに帰国するとすぐに、同胞のために尽力を続けてきた功績により、サンスクリット語で「偉大なる魂」を表 す「マハトマ」の称号を与えられましたが、彼自身はこの称号を決して受け入れませんでした。大英帝国からの完全独立を達成するため、彼は型破りな方策をと りました。彼が行った最も驚くべき運動の一つが、1930年アーメダバードからアラビア海までの241マイルを歩いた有名な「塩の行進」です。この抗議活 動は、インド人が塩を製造・販売することを違法とする法律に対して向けられたものでした。彼はこの闘いに勝利し、翌年3月には塩の専売が廃止されました。 60年間にわたり、彼は自由とインド独立を求めて闘いました。積極的に闘いましたが、その活動は常に非暴力的な手段がとられました。歴史は彼が正しかった ことを証明することになります。長きにわたる闘いを経て、インドは1947年8月15日、自治国家として認められます。ところがそのすぐ後の1948年1 月30日、ガンジーは夕べの祈りの最中、ヒンドゥー教原理主義者によって射殺されます。社会的、政治的変化は、暴力やテロではなく、愛や理解によって達成 することができることを世界に証明したことこそ、彼から世界への贈り物と言えるでしょう。

全ての詳細
Mahatma Gandhi

シェアする

その他のバリエーション