全ての詳細


パトロンシリーズ

ルチアーノ・パヴァロッティ

名人というにふさわしい歌唱力ゆえに、世界の名立たるオペラ
劇場の舞台に立ってきたルチアーノ・パヴァロッティ。その数々の
パフォーマンスは、聴衆を魅了しました。なかでもプッチーニ作
曲の歌劇『トゥーランドット』のアリア『誰も寝てはならぬ』は、
パヴァロッティを成功の頂点へと導いた代表作となり、開催した
多くのコンサートのハイライトで歌われる作品になりました。例え
ばこのアリアは、1993年にニューヨークのセントラルパークで
行われた野外コンサートでも披露され、クラシック音楽のコン
サートとしては史上最多の50万人が集まりました。聴衆の前に
立つときのパヴァロッティは多くの場合、黒のタキシードに白い
シャツ、白の蝶ネクタイというスタイルで、これはセントラル
パークの野外コンサートでも変わりませんでした。このステージ
衣装から着想を得て、特別限定品「ルチアーノ・パヴァロッ
ティ」には、ブラックとホワイトのラッカーが採用されています。
公演の後に、大きく派手なスカーフを身につけることが多かった
パヴァロッティ。この人目を引くパヴァロッティのトレードマークで
あるスカーフは、まるで首に巻かれたかのように、ホワイトカラー
プレシャスレジンのモンブランのシンボルマークをトップに冠した
キャップを周る、ゴールド仕上げのクリップに反映されています。
ルチアーノ・パヴァロッティの名を世界的に知らしめることになっ
た有名なオペラ5作 ―『トゥーランドット』、『ラ・ボエーム』、
『リゴレット』、『仮面舞踏会』、『愛の妙薬』―へのオマージュ
として、特別限定品「ルチアーノ・パヴァロッティ」4810の
キャップには、5本のゴールド仕上げのリングが装飾されてい
ます。また、この5本のリングは、偉大なテノール歌手である
パヴァロッティの名をとって命名された、パヴァロッティの生誕地
モデナにあるオペラハウス「ルチアーノ・パヴァロッティ市立
劇場」の印象的な5階構造も象徴しています。この市立劇場の
階層は、壮大なオーナメントで飾られており、これはキャップ
リングに施された精巧なエングレービングに反映されています。

すべてのコンサートと同じように、著名なミュージシャンと
ともにコンサートのステージに立つ前も、パヴァロッティは
舞台裏で打ち損じて捨てられている曲がった釘を探したと伝え
られています。パヴァロッティにとって、曲がった釘は、公演が
上手くいくことを示唆する幸運のお守りでした。ステージに立つ
前にパヴァロッティは必ず、この「釘探し」という儀式を行いま
した。これは、オペラ歌手の間では有名な話で、パヴァロッティ
は見つけた曲がった釘を公演の間中、衣装のポケットに忍び
込ませていました。この一風変わったお守りを想起させるかの
ように、特別限定品の750ゴールド製ペン先には、曲がった釘
の絵が精巧にエングレーヴされています。

まだ脚光を浴びていないオペラ歌手としてキャリアをスタートさせ
たころは、スーツにネクタイといったスタイルが多かったルチアー
ノ・パヴァロッティ。それから長年をかけて、パヴァロッティは
独自のスタイルを確立していきました。その独特なスタイルから、
パヴァロッティは、他のすべてのクラシック音楽家よりもビジュ
アル的に目立つ存在でした。パヴァロッティが非常に好んで
身につけたのは、優美なスカーフや白の帽子、ハワイの花模様
の鮮やかな色のシャツでした。この独特なスタイルは、すぐに
パヴァロッティのトレードマークになり、特別限定品「ルチアーノ・
パヴァロッティ」のデザインにも取り入れられています。レッド
ラッカー仕上げの尻軸には、繊細な花模様の装飾が施され、
ターコイズのカボションとともに、パヴァロッティがよく着ていた
アロハシャツを連想させ、この筆記具をルチアーノ・パヴァロッ
ティへのオマージュとしてふさわしいエディションに仕上げてい
ます。

詳細


パトロンシリーズ

ルチアーノ・パヴァロッティ

名人というにふさわしい歌唱力ゆえに、世界の名立たるオペラ
劇場の舞台に立ってきたルチアーノ・パヴァロッティ。その数々の
パフォーマンスは、聴衆を魅了しました。なかでもプッチーニ作
曲の歌劇『トゥーランドット』のアリア『誰も寝てはならぬ』は、
パヴァロッティを成功の頂点へと導いた代表作となり、開催した
多くのコンサートのハイライトで歌われる作品になりました。例え
ばこのアリアは、1993年にニューヨークのセントラルパークで
行われた野外コンサートでも披露され、クラシック音楽のコン
サートとしては史上最多の50万人が集まりました。聴衆の前に
立つときのパヴァロッティは多くの場合、黒のタキシードに白い
シャツ、白の蝶ネクタイというスタイルで、これはセントラル
パークの野外コンサートでも変わりませんでした。このステージ
衣装から着想を得て、特別限定品「ルチアーノ・パヴァロッ
ティ」には、ブラックとホワイトのラッカーが採用されています。
公演の後に、大きく派手なスカーフを身につけることが多かった
パヴァロッティ。この人目を引くパヴァロッティのトレードマークで
あるスカーフは、まるで首に巻かれたかのように、ホワイトカラー
プレシャスレジンのモンブランのシンボルマークをトップに冠した
キャップを周る、ゴールド仕上げのクリップに反映されています。
ルチアーノ・パヴァロッティの名を世界的に知らしめることになっ
た有名なオペラ5作 ―『トゥーランドット』、『ラ・ボエーム』、
『リゴレット』、『仮面舞踏会』、『愛の妙薬』―へのオマージュ
として、特別限定品「ルチアーノ・パヴァロッティ」4810の
キャップには、5本のゴールド仕上げのリングが装飾されてい
ます。また、この5本のリングは、偉大なテノール歌手である
パヴァロッティの名をとって命名された、パヴァロッティの生誕地
モデナにあるオペラハウス「ルチアーノ・パヴァロッティ市立
劇場」の印象的な5階構造も象徴しています。この市立劇場の
階層は、壮大なオーナメントで飾られており、これはキャップ
リングに施された精巧なエングレービングに反映されています。

すべてのコンサートと同じように、著名なミュージシャンと
ともにコンサートのステージに立つ前も、パヴァロッティは
舞台裏で打ち損じて捨てられている曲がった釘を探したと伝え
られています。パヴァロッティにとって、曲がった釘は、公演が
上手くいくことを示唆する幸運のお守りでした。ステージに立つ
前にパヴァロッティは必ず、この「釘探し」という儀式を行いま
した。これは、オペラ歌手の間では有名な話で、パヴァロッティ
は見つけた曲がった釘を公演の間中、衣装のポケットに忍び
込ませていました。この一風変わったお守りを想起させるかの
ように、特別限定品の750ゴールド製ペン先には、曲がった釘
の絵が精巧にエングレーヴされています。

まだ脚光を浴びていないオペラ歌手としてキャリアをスタートさせ
たころは、スーツにネクタイといったスタイルが多かったルチアー
ノ・パヴァロッティ。それから長年をかけて、パヴァロッティは
独自のスタイルを確立していきました。その独特なスタイルから、
パヴァロッティは、他のすべてのクラシック音楽家よりもビジュ
アル的に目立つ存在でした。パヴァロッティが非常に好んで
身につけたのは、優美なスカーフや白の帽子、ハワイの花模様
の鮮やかな色のシャツでした。この独特なスタイルは、すぐに
パヴァロッティのトレードマークになり、特別限定品「ルチアーノ・
パヴァロッティ」のデザインにも取り入れられています。レッド
ラッカー仕上げの尻軸には、繊細な花模様の装飾が施され、
ターコイズのカボションとともに、パヴァロッティがよく着ていた
アロハシャツを連想させ、この筆記具をルチアーノ・パヴァロッ
ティへのオマージュとしてふさわしいエディションに仕上げてい
ます。

ルチアーノ・パヴァロッティ

シェアする

その他のバリエーション