全ての詳細

カ ルロ・コッローディが執筆した、小さな木彫り人形が主人公の冒険物語―― 『ピノッキオの冒険』――は、老若男女を問わず、何百万の人々を魅了して います。ダーク・ブラウンのプレシャス・レジン製の魅力的な万年筆は、ピノッキオのマジカル・ファンタジー・ワールドを想起させるデ ザインになってい ます。スケルトン製のキャップ部分のオバーレイには、ピノッキオと敵対し たキャラクターや冒険を共にした仲間――例えば、食欲旺盛なクジラ、忠 誠心のあるコオロギ、怪しいキツネ、不正直なネコ、そして善良な妖精な ど――が一部描かれています。また、クリップ部分に取り付けられたビスは、世界で最も有名なこのマリオネットの関節部分を表現しており、本体部 分( 軸胴部)はピノッキオが嘘をついたときに伸びる鼻を連想させるデザインに なっています。シャンパンゴールドカラーの外装そしてアイボリーカラーの モンブランのエンブレムは、エングレービングで美しく装飾された万年筆が 持つユニークさを際立たせています。イタリアの偉大な児童文学作家である カルロ・コッローディに敬意を表し、最後の仕上げとして、キャップのトッ プ部分には生産限定本数とコッローディの署名が記されており、シャンパン ゴールドカラーの18金製ペン先には『ピノッキオの冒険』に登場する「もの 言うコオロギ」が彫り込まれています。

カ ルロ・コッローディ―本名カルロ・ロレンツィーニ―は1826年11月24日フ ィレンツェで生を受け、父親は料理長、母親はチェインバーメイドという質 素な家庭環境の中で成長しました。両親の雇い主であるジノリ侯爵家の財政 的援助の下、カルロ・コッローディは学校に通うことができ、哲学と修辞学 を修めることができました。学位を得た後、カルロ・コッローディは、図書 館員、おとぎ話の翻訳家、小説家、教科書の作成者、そして政治雑誌へ寄稿 する記者として活躍しました。また、イタリアの文化的・政治的独立に身を 投じ、自らが社主として風刺的な新聞を出版してオーストリアの占領を痛烈 に非難しました。その後、迫害を回避するために、1860年から母親の生ま れ故郷であるトスカーナ地方の村にちなんで「コッローディ」という苗字を名 乗るようになりました。このペンネームの下で執筆された児童文学の最高傑 作の一冊が、1883年に出版された『ピノッキオの冒険』です。いたずら好 きの木彫り人形であるピノッキオが繰り広げる素晴らしい冒険物語は20世紀 の大ベストセラーとなり、老若男女を問わず、今も何百万の読者を魅了し続 けています。しかし、カルロ・コッローディは、自身が執筆した作品が世間 にこのように愛されるのを目にすることなく、1890年フィレンツェで永遠の眠りにつきました。

発売開始:
限定数:


 

2011
万年筆 12,000本
ボールペン 14,600本
8水性ボールペン 8,400本
万年筆、ボールペン/水性ボールペン、シャープペン各1本のセット、3,000セット

特色


 

• ダークブラウンのプレシャスレジンのキャップおよびボディ
• スケルトンのキャップにオーバーレイ加工
• シャンパーニュトーンのゴールド仕上げのフィッティング
• 18Kシャンパーニュゴールドのペン先

詳細

カ ルロ・コッローディが執筆した、小さな木彫り人形が主人公の冒険物語―― 『ピノッキオの冒険』――は、老若男女を問わず、何百万の人々を魅了して います。ダーク・ブラウンのプレシャス・レジン製の魅力的な万年筆は、ピノッキオのマジカル・ファンタジー・ワールドを想起させるデ ザインになってい ます。スケルトン製のキャップ部分のオバーレイには、ピノッキオと敵対し たキャラクターや冒険を共にした仲間――例えば、食欲旺盛なクジラ、忠 誠心のあるコオロギ、怪しいキツネ、不正直なネコ、そして善良な妖精な ど――が一部描かれています。また、クリップ部分に取り付けられたビスは、世界で最も有名なこのマリオネットの関節部分を表現しており、本体部 分( 軸胴部)はピノッキオが嘘をついたときに伸びる鼻を連想させるデザインに なっています。シャンパンゴールドカラーの外装そしてアイボリーカラーの モンブランのエンブレムは、エングレービングで美しく装飾された万年筆が 持つユニークさを際立たせています。イタリアの偉大な児童文学作家である カルロ・コッローディに敬意を表し、最後の仕上げとして、キャップのトッ プ部分には生産限定本数とコッローディの署名が記されており、シャンパン ゴールドカラーの18金製ペン先には『ピノッキオの冒険』に登場する「もの 言うコオロギ」が彫り込まれています。

カ ルロ・コッローディ―本名カルロ・ロレンツィーニ―は1826年11月24日フ ィレンツェで生を受け、父親は料理長、母親はチェインバーメイドという質 素な家庭環境の中で成長しました。両親の雇い主であるジノリ侯爵家の財政 的援助の下、カルロ・コッローディは学校に通うことができ、哲学と修辞学 を修めることができました。学位を得た後、カルロ・コッローディは、図書 館員、おとぎ話の翻訳家、小説家、教科書の作成者、そして政治雑誌へ寄稿 する記者として活躍しました。また、イタリアの文化的・政治的独立に身を 投じ、自らが社主として風刺的な新聞を出版してオーストリアの占領を痛烈 に非難しました。その後、迫害を回避するために、1860年から母親の生ま れ故郷であるトスカーナ地方の村にちなんで「コッローディ」という苗字を名 乗るようになりました。このペンネームの下で執筆された児童文学の最高傑 作の一冊が、1883年に出版された『ピノッキオの冒険』です。いたずら好 きの木彫り人形であるピノッキオが繰り広げる素晴らしい冒険物語は20世紀 の大ベストセラーとなり、老若男女を問わず、今も何百万の読者を魅了し続 けています。しかし、カルロ・コッローディは、自身が執筆した作品が世間 にこのように愛されるのを目にすることなく、1890年フィレンツェで永遠の眠りにつきました。

全ての詳細
カルロ・コッローディ

シェアする

その他のバリエーション