全ての詳細

モ ンブランは、オノレ・ド・バルザックにオマージュを捧げ、作家自身と同様に非凡な筆記具である、この特別限定品を発表します。バルザックの才能と着こなし のスタイルは、筆記具のフォルムとデザインに反映されています。彼が履いていた先のとがった靴は、尻軸のフォルムに表れています。ブラック プレシャスレジン製のキャップとダークグレーのボディには細かいストライプが装飾され、バルザックの服装のトレードマークであった「モーニングコート」を 象徴しています。バルザックは、美しく装飾されたステッキをよく持ち歩いていましたが、このステッキは、ターコイズを象嵌したプラチナメッキ仕上げのク リップのデザインに反映されています。この作家シリーズでは、一部ロジウム仕上げが施された18K/750ゴールド製のペン先にバルザックのイニシャルが 典型的な鉛活字の文字で刻まれており、彼が作家、印刷屋、出版屋として過ごした当時を思い起こさせます。この特別限定品の主な特徴の一つが、バルザックが 傑作「人間喜劇(La Comédie humaine)」で鮮やかに描いた、19世紀のフランスの階級社会を象徴するスリーリングです。贅沢なゴールド仕上げのキャップヘッドのリングは、貴族 階級を表わし、プラチナメッキ仕上げの控えめな装飾を施したキャップリングは、ブルジョワジーを表わし、そしてシンプルに仕上げた尻軸のリングは、下層階 級を表わしています。
美しく刻まれたこの偉大な作家のサインが、キャップを飾り、オノレ・ド・バルザックにオマージュを捧げるこの素晴らしい作家シリーズを仕上げます。
作家シリーズ「オノレ・ド・バルザック」は、特別限定品として世界で販売され、すべての筆記具にモンブランの保証が付きます。キャップに刻印される限定番号により、各筆記具が唯一のものであることが示されます。

1799 年5月20日に、フランスのトゥールで誕生したオノレ・ド・バルザックは、パリのソルボンヌの法学部の入学試験に合格するも公証人になることを拒み、執筆 に大きな情熱を注ぎました。しかし、様々なペンネームで作品を多数発表するも成功に至らず、1829年になってようやく文筆業で初めて日の目を見ることが できました。彼の歴史小説「最後のふくろう党あるいは1800年のブルターニュ(Le dernier Chouan, ou la Bretagne en 1800)」は、フランス革命後の激動の時代を舞台に数々の陰謀を描いたラブストーリーでした。バルザックは、その後年月をかけて91の小説と短編を執筆 し、「人間喜劇(La Comédie humaine)」というタイトルでこれらを一つにまとめました。この世界文学における傑作によってバルザックは最も偉大なフランス人作家の一人となりま した。彼はとどまることのない熱意によって、フランス社会の習慣やモラルを広範囲にわたり現実的に描写しました。しかしこの作品は完成することなく、オノ レ・ド・バルザックは、1850年8月18日にパリで亡くなりました。

特別限品

紹介:
限定数:


 

2013
万年筆 10,000本
ボールペン 14,500本
ローラーボール 8,400本
万年筆、ボールペン/ローラーボール、シャープペンシルで構成されるセット1,800個

特徴:



 

• 一部ロジウム仕上げの18 K/750ゴールド製ペン先にバルザックのイニシャルを刻印
• ターコイズを象嵌したプラチナメッキ仕上げのクリップ
• ゴールド仕上げのキャップヘッドのリング、プラチナメッキ仕上げのキャップリング、プラチナメッキ仕上げの真鍮製尻軸リング
• バルザックのサインが美しく刻印されたブラック プレシャスレジン製のキャップ
• 細かいストライプが装飾されたダークグレーラッカー仕上げのボディ

詳細

モ ンブランは、オノレ・ド・バルザックにオマージュを捧げ、作家自身と同様に非凡な筆記具である、この特別限定品を発表します。バルザックの才能と着こなし のスタイルは、筆記具のフォルムとデザインに反映されています。彼が履いていた先のとがった靴は、尻軸のフォルムに表れています。ブラック プレシャスレジン製のキャップとダークグレーのボディには細かいストライプが装飾され、バルザックの服装のトレードマークであった「モーニングコート」を 象徴しています。バルザックは、美しく装飾されたステッキをよく持ち歩いていましたが、このステッキは、ターコイズを象嵌したプラチナメッキ仕上げのク リップのデザインに反映されています。この作家シリーズでは、一部ロジウム仕上げが施された18K/750ゴールド製のペン先にバルザックのイニシャルが 典型的な鉛活字の文字で刻まれており、彼が作家、印刷屋、出版屋として過ごした当時を思い起こさせます。この特別限定品の主な特徴の一つが、バルザックが 傑作「人間喜劇(La Comédie humaine)」で鮮やかに描いた、19世紀のフランスの階級社会を象徴するスリーリングです。贅沢なゴールド仕上げのキャップヘッドのリングは、貴族 階級を表わし、プラチナメッキ仕上げの控えめな装飾を施したキャップリングは、ブルジョワジーを表わし、そしてシンプルに仕上げた尻軸のリングは、下層階 級を表わしています。
美しく刻まれたこの偉大な作家のサインが、キャップを飾り、オノレ・ド・バルザックにオマージュを捧げるこの素晴らしい作家シリーズを仕上げます。
作家シリーズ「オノレ・ド・バルザック」は、特別限定品として世界で販売され、すべての筆記具にモンブランの保証が付きます。キャップに刻印される限定番号により、各筆記具が唯一のものであることが示されます。

1799 年5月20日に、フランスのトゥールで誕生したオノレ・ド・バルザックは、パリのソルボンヌの法学部の入学試験に合格するも公証人になることを拒み、執筆 に大きな情熱を注ぎました。しかし、様々なペンネームで作品を多数発表するも成功に至らず、1829年になってようやく文筆業で初めて日の目を見ることが できました。彼の歴史小説「最後のふくろう党あるいは1800年のブルターニュ(Le dernier Chouan, ou la Bretagne en 1800)」は、フランス革命後の激動の時代を舞台に数々の陰謀を描いたラブストーリーでした。バルザックは、その後年月をかけて91の小説と短編を執筆 し、「人間喜劇(La Comédie humaine)」というタイトルでこれらを一つにまとめました。この世界文学における傑作によってバルザックは最も偉大なフランス人作家の一人となりま した。彼はとどまることのない熱意によって、フランス社会の習慣やモラルを広範囲にわたり現実的に描写しました。しかしこの作品は完成することなく、オノ レ・ド・バルザックは、1850年8月18日にパリで亡くなりました。

全ての詳細
オノレ・ド・バルザック

シェアする

その他のバリエーション