全ての詳細

作 家シリーズでモンブランが今回取り上げたのが、偉大なる風刺作家であり、イギリス/アイルランド文学界の巨匠ジョナサン・スウィフトです。そのデザインは スウィフトの名作『ガリバー旅行記』にインスパイアされています。ボディはブラックラッカー製で、リリパット島の海辺にガリバーを縛り付けるのに使われた 紐を思い起こさせる多層の象嵌が飾られています。キャップはブラック プレシャスレジン製でガリバーの三角帽子を模した形になっており、ジョナサン・スウィフトのサインが入っています。クリップはガリバーに向かって演説する ためにリリパットの王様が上った階段のデザインになっています。クリップもフィティングもプラチナ仕上げです。ロジウム仕上げ18Kゴールド製のペン先に は両脚を広げたガリバーの股下を行進するリリパット皇帝の軍隊の姿が精巧にエングレービングされています。『ガリバー旅行記』を生んだ偉大なる作家、ジョ ナサン・スウィフトを称える逸品の作家シリーズが誕生しました。

「こ の匿名作家の本名を知らせた者に300ポンドの賞金を出す」とイギリス政府が言い出すというのが、まさにこの作家のことを言い当てています。1667年 11月30日にダブリンで生まれ、父親の顔を知らずに育ったかの作家、ジョナサン・スウィフトは、アイルランドとイギリスでその生涯を送りました。神学で 学士号を取得すると、イギリスのフォーナムに移り住みます。ここで彼は有力な政治家であったウィリアム・テンプル卿の秘書として働き始めます。スウィフト は、イギリスとアイルランドへの思いの狭間で揺れ続けますが、彼の野心は数年後にオックスフォード大学で文学修士の学位取得として実を結びます。やがてア イルランドにある英国国教会の神父に任命された後、ダブリンの聖パトリック大聖堂の主任司祭になります。アイルランドのために闘う新聞エグザミナー紙の共 同編集者として働く傍ら、最初の数冊の本を執筆しながら、スウィフトは自らの最強の武器である文才に磨きをかけていきます。観察力にすぐれ、生まれながら にして辛辣な知性に恵まれた彼は、その当時の世の中の不正を目の当たりにし、彼の痛烈な風刺がイギリス人の地主によるアイルランドの搾取を批判し、キリス ト教宗派間の対立を揶揄するようになります。スウィフトは30作以上の作品を発表していますが、風刺小説の傑作『ガリバー旅行記』ほど有名なものはありま せん。1745年に死去した時スウィフトはすでに作家としての名声を勝ち取っており、この傑作小説は、今も尚、彼の名を不朽のものとしています。

詳細

作 家シリーズでモンブランが今回取り上げたのが、偉大なる風刺作家であり、イギリス/アイルランド文学界の巨匠ジョナサン・スウィフトです。そのデザインは スウィフトの名作『ガリバー旅行記』にインスパイアされています。ボディはブラックラッカー製で、リリパット島の海辺にガリバーを縛り付けるのに使われた 紐を思い起こさせる多層の象嵌が飾られています。キャップはブラック プレシャスレジン製でガリバーの三角帽子を模した形になっており、ジョナサン・スウィフトのサインが入っています。クリップはガリバーに向かって演説する ためにリリパットの王様が上った階段のデザインになっています。クリップもフィティングもプラチナ仕上げです。ロジウム仕上げ18Kゴールド製のペン先に は両脚を広げたガリバーの股下を行進するリリパット皇帝の軍隊の姿が精巧にエングレービングされています。『ガリバー旅行記』を生んだ偉大なる作家、ジョ ナサン・スウィフトを称える逸品の作家シリーズが誕生しました。

「こ の匿名作家の本名を知らせた者に300ポンドの賞金を出す」とイギリス政府が言い出すというのが、まさにこの作家のことを言い当てています。1667年 11月30日にダブリンで生まれ、父親の顔を知らずに育ったかの作家、ジョナサン・スウィフトは、アイルランドとイギリスでその生涯を送りました。神学で 学士号を取得すると、イギリスのフォーナムに移り住みます。ここで彼は有力な政治家であったウィリアム・テンプル卿の秘書として働き始めます。スウィフト は、イギリスとアイルランドへの思いの狭間で揺れ続けますが、彼の野心は数年後にオックスフォード大学で文学修士の学位取得として実を結びます。やがてア イルランドにある英国国教会の神父に任命された後、ダブリンの聖パトリック大聖堂の主任司祭になります。アイルランドのために闘う新聞エグザミナー紙の共 同編集者として働く傍ら、最初の数冊の本を執筆しながら、スウィフトは自らの最強の武器である文才に磨きをかけていきます。観察力にすぐれ、生まれながら にして辛辣な知性に恵まれた彼は、その当時の世の中の不正を目の当たりにし、彼の痛烈な風刺がイギリス人の地主によるアイルランドの搾取を批判し、キリス ト教宗派間の対立を揶揄するようになります。スウィフトは30作以上の作品を発表していますが、風刺小説の傑作『ガリバー旅行記』ほど有名なものはありま せん。1745年に死去した時スウィフトはすでに作家としての名声を勝ち取っており、この傑作小説は、今も尚、彼の名を不朽のものとしています。

Jonathan Swift

シェアする

その他のバリエーション