全ての詳細

トー マス・マンは不朽の名作『ブッデンブローク家の人びと』で二十世紀の最も有名な作家の一人となりました。Montblancはこの不世出の芸術家へのトリ ビュートとして、同じく比類ない特別限定品 作家シリーズ「トーマス・マン」を発表いたします。プラチナ仕上げに漆黒のラッカー仕上げの筆記具は、トーマス・マンが生きた、芸術的創造性にあふれた アールデコの時代から着想を得ています。色彩と素材から織り成される相互作用は『ブッデンブローク家の人びと』に登場する人々のさまざまな関係を象徴して います。また、オニキス色のジルコンがクリップ上に配され、この大河小説の内容の深さを反映しています。そして、18Kゴールドにロジウム仕上げされたペ ン先には、繊細なブッデンブロークの家の絵柄が刻まれています。この家は現在トーマス・マン記念館となっているリューベックのマンの生家を描いたもので す。さらに、キャップ上のマンのサインとアイボリーカラーのMontblancのロゴがトーマス・マンに捧げるこの特別限定品に彩りを添えています。

1875 年6月にリューベックに生まれたパウル・トーマス・マンは、学校に通うころからすでに散文の短編やエッセーを書きはじめるなど、優れた才能を見せていまし た。14歳のときには、手紙に「叙情的劇詩人トーマス・マン」と署名しています。そして、確かに彼はその才能を証明しました。彼は保険会社の見習い社員を始めて間もない頃に、短編小説“Gefallen”(「転落」)でデビューし、好評を博したことから作家としての道を歩みはじめます。

1901 年、トーマス・マンはわずか26歳で自らの家族の変遷を描いた大河小説『ブッデンブローク家の人びと』を書きあげます。世界40カ国語以上に翻訳されたこ の大作は、今日までに600万人を超える読者を魅了し続けています。そして、この小説は、1929年度のノーベル文学賞を受賞しました。トーマス・マン は、沈鬱な小品『ヴェニスに死す』などの傑作により、アイロニーと文学的マンネリズムの巨匠と評されています。また、アールデコ時代のブルジョア的な自由 思想化として、ナチズムに異議を唱えた人物の一人でもありました。

1938年には、民主主義的思想により、家族とともにアメリカに亡命 し、晩年をスイスで過ごすために ヨーロッパへと戻ったのは1952年になってからでした。その3年後、トーマス・マンは1955年8月12日にチューリッヒで80年の生涯を終えました。 彼の作品は、数多くの長編、短編小説、エッセイ、自伝的作品、政治声明、映画の脚本に及びます。トーマス・マンはドイツ文学史上、屈指の情熱的な作家に数 えられています。

限定エディション

発売開始:
限定数:


 

2009年
万年筆 12,000本
ボールペン 15,000本
ローラーボールペン 6,000本
万年筆、ボールペン、メカニカルペンシルのセット 3,000セット

Characteristics:


 

• ロジウム仕上げの18Kゴールド製ペン先、ブッテンブロークの家の絵柄を刻印
• プレシャスブラックラッカーのマルチレイヤーを象嵌したボディ
• プラチナ仕上げのクリップ、オニキス色のジルコンをセット
• アイボリーのMontblancのロゴ

詳細

トー マス・マンは不朽の名作『ブッデンブローク家の人びと』で二十世紀の最も有名な作家の一人となりました。Montblancはこの不世出の芸術家へのトリ ビュートとして、同じく比類ない特別限定品 作家シリーズ「トーマス・マン」を発表いたします。プラチナ仕上げに漆黒のラッカー仕上げの筆記具は、トーマス・マンが生きた、芸術的創造性にあふれた アールデコの時代から着想を得ています。色彩と素材から織り成される相互作用は『ブッデンブローク家の人びと』に登場する人々のさまざまな関係を象徴して います。また、オニキス色のジルコンがクリップ上に配され、この大河小説の内容の深さを反映しています。そして、18Kゴールドにロジウム仕上げされたペ ン先には、繊細なブッデンブロークの家の絵柄が刻まれています。この家は現在トーマス・マン記念館となっているリューベックのマンの生家を描いたもので す。さらに、キャップ上のマンのサインとアイボリーカラーのMontblancのロゴがトーマス・マンに捧げるこの特別限定品に彩りを添えています。

1875 年6月にリューベックに生まれたパウル・トーマス・マンは、学校に通うころからすでに散文の短編やエッセーを書きはじめるなど、優れた才能を見せていまし た。14歳のときには、手紙に「叙情的劇詩人トーマス・マン」と署名しています。そして、確かに彼はその才能を証明しました。彼は保険会社の見習い社員を始めて間もない頃に、短編小説“Gefallen”(「転落」)でデビューし、好評を博したことから作家としての道を歩みはじめます。

1901 年、トーマス・マンはわずか26歳で自らの家族の変遷を描いた大河小説『ブッデンブローク家の人びと』を書きあげます。世界40カ国語以上に翻訳されたこ の大作は、今日までに600万人を超える読者を魅了し続けています。そして、この小説は、1929年度のノーベル文学賞を受賞しました。トーマス・マン は、沈鬱な小品『ヴェニスに死す』などの傑作により、アイロニーと文学的マンネリズムの巨匠と評されています。また、アールデコ時代のブルジョア的な自由 思想化として、ナチズムに異議を唱えた人物の一人でもありました。

1938年には、民主主義的思想により、家族とともにアメリカに亡命 し、晩年をスイスで過ごすために ヨーロッパへと戻ったのは1952年になってからでした。その3年後、トーマス・マンは1955年8月12日にチューリッヒで80年の生涯を終えました。 彼の作品は、数多くの長編、短編小説、エッセイ、自伝的作品、政治声明、映画の脚本に及びます。トーマス・マンはドイツ文学史上、屈指の情熱的な作家に数 えられています。

全ての詳細
Thomas Mann

シェアする

その他のバリエーション