マイスターシュテュック 奇跡の一本松 詳しく見る。


「奇跡の一本松」

平成23年3月11日、陸前高田市を地震と大津波が襲いました。
死者、行方不明者は2,000人近くにのぼり、市街地や海沿いの集落は壊滅しました。
過去の度重なる津波から高田のまちを守ってきた、約7万本と言われる高田松原も
ほとんどが流されてしまいましたが、その中で唯一耐え残ったのが「奇跡の一本松」です。 津波に耐えて奇跡的に残った一本松でしたが、海水により深刻なダメージを受け、
平成24年5月に枯死が確認されました。
しかし、震災直後から、市民のみならず全世界の人々に復興のシンボルとして
親しまれてきた一本松を、今後も後世に受け継いでいくために、陸前高田市では
モニュメントとして保存整備することといたしました。
それが「奇跡の一本松保存プロジェクト」です。(陸前高田市HPより)

 

 


Meisterstück Miracle Pine Tree

マイスターシュテュック 奇跡の一本松



復興のシンボルである「奇跡の一本松」。モンブランは、この「奇跡の一本松」を永遠に残すために、モンブランのアイコン的筆記具のボディとキャップにこの松を用いた「マイスターシュテュック 奇跡の一本松」を製作いたしました。この万年筆は、113本限定で日本でのみ展開されます。
モンブランはこれまで、世界的規模で芸術、文化、教育への支援を行ってきました。東日本大震災に関しても、これまでに震災遺児への教育支援を行っています。そしてまたこの度、陸前高田市の子どもたちの教育が充実されることも願い、陸前高田市とNPO法人陸前高田市支援連絡協議会AidTAKATAへの寄付を決定いたしました。この寄付金は、学校設備と子どもたちの国際交流に使用される予定です。この筆記具のご購入により、モンブランを通して陸前高田市の復興活動を支援していただけます。
※天然素材のため、色や形にばらつきが有ります。ご了承ください。

 


陸前高田市 戸羽市長からのメッセージ


岩手県陸前高田市の高田松原には約7万本の松が生い茂り、美しい海岸線は多くの人々に四季を通して愛されていました。1本を残しすべての松が2011年3月11日の東日本大震災で流されてしまいましたが、唯一耐え残ったのが「奇跡の一本松」です。その後、震災直後から復興のシンボルとして親しまれてきた一本松はモニュメントとして保存整備されることになりました。
この万年筆に使用されている松は、その「奇跡の一本松」のモニュメントに使用されなかった枝の部分から加工されたものであることをここに証明いたします。猛烈な津波に耐え抜いた「奇跡の一本松」が、筆記具として生き続けることを嬉しく思うとともに、ご購入によりいただいた寄付とご厚意はしっかりと復興の役に立てさせていただくことをお約束いたします。


                            陸前高田市長