ニューヨークからの脱出

 

どんなに溌溂としていても、マンハッタンに住む人なら8月のニューヨークからの脱出を夢見る。ニューヨークには無数の屋上プールや冷たい飲み物や食べ物、そして摩天楼の長く伸びた日陰があり、容赦ない夏の太陽をしのぐことができる。だが最も心惹かれるオプションは、近郊のビーチタウンへの小旅行だろう。どんな交通手段を使おうとも。 小旅行に必要なものはナイトフライトトローリー、ウィークエンダーバッグ、メッセンジャーバッグへ。お揃いのiPhone 6のケースも。

 

交通渋滞が激しい都会では、オートバイは単なる交通手段でなく、かなりの優れものだ。ニューヨークの暑い日、ウィリアムズバーグにあるバイクをテーマにした憩いの場ジェーンは、バイク好きやビール通なら是非立ち寄りたい店。ドゥカティ・スポーツクラッシック1000なら、移動時間も半分ですむスピードだ。バッグを吹き飛ばされないように、しっかりつかんでおこう。海沿いのリッチな町モントークで一日ゆっくり過ごすなら、2時間もあれば高級料理が楽しめる。ハイウェイ495号線から降りるのもいいだろう。モントークのビーチに輝く砂を目にすれば、マンハッタンの灼熱が遠い夢のように感じる。 ウィークエンダーバッグ、MST BPプラチナペン、iPhone 6カバーでスタイリッシュに旅先へ。

 

ニューヨークからの脱出には渋滞で時間を取られるが、水路ならラッシュアワーとは無縁だ。ニューヨークのチェルシー埠頭のセイルタイムでは、ボートやヨットで別世界のような無数のビーチへ案内してくれる。160キロ以上も延びる感潮河口であるロングアイランド湾の静かな海を進むと、人影のないビーチの壮大な眺めが広がるばかりか、ニューヘイブン、ブリッジポート、ビーコンなど、日帰り旅行にぴったりの要素を備えたニューイングランドの町へもアクセス可能だ。ちょっと変わった体験を望むなら、シンブル諸島の小さな島々の間を縫って航海したり、コネティカット州の海岸沿いにボートを留め、新鮮なロブスターを昼食にしたり、崖に立った歴史ある美しい灯台の数々を見て周ったりしてはどうだろう。コネティカット州ノアンクの小さなビーチ町であれ、ニューヨーク州ビーコンのカルチャースポットであれ、ウィークエンダーバッグなら一泊旅行に必要なものがすべて収まる。 ウィークエンダーバッグ、ナイトフライトローリー、ポーチ、MST BPプラチナペンを持って桟橋へ。

 

Resource dumped by HtmlRendererServlet

Resource path: /content/mtb/asia/jp/ja_jp/discover/specials/stories-to-tell-travelling/jcr:content/content-par/generictextimagecont

Resource metadata: {sling.resolutionPath=/content/mtb/asia/jp/ja_jp/discover/specials/stories-to-tell-travelling/jcr:content/content-par/generictextimagecont}

Resource type: nt:unstructured

Resource super type: -

Resource properties

jcr:mixinTypes: [cq:LiveSyncCancelled]
cq:isCancelledForChildren: true
jcr:primaryType: nt:unstructured