メインコンテンツへ

適用されるプロモーション

ナポレオン ボナパルト

新古典主義スタイルのアートと建築を称える

ナポレオンの時代は、フランスのクラフツマンシップ(Metier D’Art)の黄金時代とみなされています。
彼は、装飾美術とクラフツマンシップ、そして素晴らしい芸術作品に熱い情熱を傾けました。

モンブラン パトロンシリーズ ナポレオン・ボナパルト

新古典主義スタイルのアートと建築を称える

特徴

軍隊の計り知れない任務に敬意を表し、ヴァンドーム広場にあるオリジナルの円柱にインスパイアされたスパイラル
ギョーシェ: 1810年の典型的なギョーシェからのインスピレーション
スケルトン:グレコ・ローマンとエジプトの芸術にインスパイアされたアカンサスの葉は、皇帝の権力を象徴
カメオ:ナポレオン帝国中に発展したカメオへの情熱を表現
ペン先の剣は、ニトがナポレオンのために制作した剣を表現しており、柄の141カラットの大きなリージェントダイヤモンドが特徴です。
フランス帝国の鷲

フランス帝国の鷲 (わし) とは、ナポレオン戦争中にナポレオン1世の大陸軍が、隊旗として戦いに持ち運んだ旗竿上の鷲の像のことを言います。



帝国の象徴としてナポレオンが選んだミツバチは、フランス古代の君主のシンボルでした。

王冠

ナポレオンの王冠は、ナポレオンのために制作されたで、1804年12月2日、フランス皇帝としての戴冠式で使用されました。

月桂樹のリース

月桂樹のリースは、名誉と勝利の象徴です。

クリップ

ナポレオンの「N」を含む刀身からのインスピレーション。
さらにジョゼフィーヌに敬意を表したレッドストーンの装飾。

尻軸の象嵌

戴冠記念コインで使用されていたナポレオンの肖像画

特徴

カラー(レッド ジャスパー):戴冠式のカラーであるレッドに敬意を表したレッドカラー。またレッドとゴールドは皇帝の権力(富裕)を象徴
ゴールドのグリッド:当時の典型的なパターンやグリッドからのインスピレーション
ギョーシェ: 1810年の典型的なギョーシェからのインスピレーション

星:テュイルリー宮殿のナポレオンの王座の星に想を得ました
ペン先の剣は、ニトがナポレオンのために制作した剣を表現しており、柄の141カラットの大きなリージェントダイヤモンドが特徴です。
フランス帝国の鷲

フランス帝国の鷲 (わし) とは、ナポレオン戦争中にナポレオン1世の大陸軍が、隊旗として戦いに持ち運んだ旗竿上の鷲の像のことを言います。



帝国の象徴としてナポレオンが選んだミツバチは、フランス古代の君主のシンボルでした。

王冠

ナポレオンの王冠は、ナポレオンのために制作されたで、1804年12月2日、フランス皇帝としての戴冠式で使用されました。

月桂樹のリース

月桂樹のリースは、名誉と勝利の象徴です。

クリップ

ナポレオンの「N」を含む刀身からのインスピレーション。
さらにジョゼフィーヌに敬意を表したレッドストーンの装飾。

尻軸の象嵌

戴冠記念コインで使用されていたナポレオンの肖像画

特徴

カラー ブルー:執政官の時のナポレオンの最初の制服へのオマージュ

使用されているシンボル:オークの葉(彼の執政のユ制服より)。強さと長寿のシンボル。

オリーブの葉(彼のフランス学士院の制服より)。強さと勝利、知恵と忠実、不死と希望、富と豊かさのシンボル。
.
二角帽は、ヨーロッパとアメリカの陸軍および海軍将校の軍服のアイテムとして、1790年代に広く採用された、歴史ある帽子の形です。すぐにナポレオンを連想させます。
フランス帝国の鷲

フランス帝国の鷲 (わし) とは、ナポレオン戦争中にナポレオン1世の大陸軍が、隊旗として戦いに持ち運んだ旗竿上の鷲の像のことを言います。



帝国の象徴としてナポレオンが選んだミツバチは、フランス古代の君主のシンボルでした。

王冠

ナポレオンの王冠は、ナポレオンのために制作されたで、1804年12月2日、フランス皇帝としての戴冠式で使用されました。

月桂樹のリース

月桂樹のリースは、名誉と勝利の象徴です。

クリップ

ナポレオンの「N」を含む刀身からのインスピレーション。
さらにジョゼフィーヌに敬意を表したレッドストーンの装飾。

尻軸の象嵌

戴冠記念コインで使用されていたナポレオンの肖像画

Features

カラー (ブルー):フォンテーヌブロー宮殿の王位/玉座の部屋(このような形で現存している唯一の玉座の間)を称えたカラー。
フォンテーヌブローはパリの中心から55㎞南東に位置しています。この中世の城は、ナポレオンの邸宅でした。

ブラックライン:プロパガンダのために、自身の頭が太陽の真ん中にあるポスターを使用するなど、ナポレオンは自身を太陽の中心に(太陽光線を周囲に)据えました。
二角帽は、ヨーロッパとアメリカの陸軍および海軍将校の軍服のアイテムとして、1790年代に広く採用された、歴史ある帽子の形です。すぐにナポレオンを連想させます
フランス帝国の鷲

フランス帝国の鷲 (わし) とは、ナポレオン戦争中にナポレオン1世の大陸軍が、隊旗として戦いに持ち運んだ旗竿上の鷲の像のことを言います。



帝国の象徴としてナポレオンが選んだミツバチは、フランス古代の君主のシンボルでした。

王冠

ナポレオンの王冠は、ナポレオンのために制作されたで、1804年12月2日、フランス皇帝としての戴冠式で使用されました。

月桂樹のリース

月桂樹のリースは、名誉と勝利の象徴です。

クリップ

ナポレオンの「N」を含む刀身からのインスピレーション。
さらにジョゼフィーヌに敬意を表したレッドストーンの装飾。

尻軸の象嵌

戴冠記念コインで使用されていたナポレオンの肖像画
Shop Accessories

一番最近届いた情報