メインコンテンツへ

適用されるプロモーション

Location

新しいマイスターシュテュックが忘れがたき旅へ出発します

ジュール・ヴェルヌの80日間世界一周が蘇る


ヴィクトリア朝時代の進化し続ける交通機関の可能性に興味をかき立てられ、ジュール・ヴェルヌは、1872年に「80日間世界一周」を執筆。それは1873年に英語に翻訳されました。小説の主人公フィリアス・フォッグは、10月2日の午後8時45分にロンドンを列車で旅立ち、スエズ、ボンベイ、香港、横浜、サンフランシスコ、ニューヨークを経由して、12月21日に同じ時間、同じ場所に戻ることができると主張し、彼の財産のすべてを賭けました。蒸気船から列車、そして時には象にさえも飛び乗り、フォッグは、固い決心さえあれば、ほぼ全てのことは実現可能だということを証明してみせました。


フィリアス・フォッグのパイオニア精神を称え、モンブランは、レジン ル・グランとクラシック、ドゥエ、ソリテールエディションからなる、新しいモンブラン マイスターシュテュック 80日間世界一周コレクションを発表します。

商品を見る

フィリアス・フォッグ:ヴィクトリア朝時代に足跡を刻んだ真のマークメーカー

新しいマイスターシュテュック 80日間世界一周 ル・グラン & クラシックによって、フィリアス・フォッグが成し遂げた夢に満ちた世界一周のストーリーが蘇ります。蒸気船で広大な海を渡ったフォッグの旅を表現したブルーのプレシャスレジン製キャップとボディには、波のパターンが彫刻されています。蒸気船で航海中、フォッグが好んだ娯楽であるトランプゲームの「ホイスト」が、トランプマークの装飾として表現されています。

「乗り越えられない障害などない。意志がそれよりも強いか弱いかだけだ」

新たな可能性の世界を切り開く

当時ベストセラー小説になった「80日間世界一周」は、産業革命の時代に生まれた数多くの技術革新による新しい旅の可能性に対する興奮や、楽観的な思想を伝えています。マイスターシュテュック 80日間世界一周 ドゥエは、主人公フォッグの旅を実現可能にしたこれらの新たなイノベーションに敬意を表しています。海や大洋を表現した控えめなグラデーション効果を施したブルーの半透明ラッカーのボディ。そして、その上に浮かんでいるようなメタルキャップには、蒸気船をエングレービングしたカルトゥーシュ(銘板)が飾られています。

ジュール・ヴェルヌへの賛辞

マイスターシュテュック 80日間世界一周 ソリテールのペン先は、ハンドクラフトの 18K のロジウムとシャンパントーンゴールド仕上げのバイカラーです。ジュール・ヴェルヌの最初の小説「気球に乗って五週間」にちなんで、ペン先には熱気球がエングレービングされており、作家の冒険心に敬意を表しています。また、ロンドンからボンベイに至る主人公フォッグの世界一周旅行の前編18日間(10月2日~10月20日)の日付が刻印されています。

一番最近届いた情報