メインコンテンツへ

適用されるプロモーション

Location

自宅やオフィスで生産性を高める方法

新しい日常をマスターするための6つのヒント

私たちは、新しい日常での暮らしに適応しながら、自分自身の仕事と生産性について再考する機会が与えられています。オフィスデスクの代わりにキッチンテーブルを使う人もいるでしょうし、デジタルノマドのライフスタイルを試す人もいるでしょう。どちらを選ぼうとも、新しいワークライフを、日常のものにするだけではなく、より良くするために役立つ6つのヒントをご紹介します。

1.生産性を高める


私たちは、より長く働くのではなく、より賢く働き、かつ集中力を保つために、自分の脳を鍛える必要があります。集中して働くことを連続して繰り返すことが、順調に仕事を進めるための最善の方法のようです。また研究によると、時間が永遠に続くように感じるよりも、切迫感があると、与えられた時間内で、脳が真に生産的になるように切り替わることが分かっています。25~45分間仕事をして、5~10分間休憩するという間隔でタイマーを設定しましょう。休憩中は、リラックスできることや、折り紙を折るなどの創造的なことをして、仕事から気持ちをそらします。休憩時間が来ると分かっていることで、集中して目的をもって仕事ができる可能性が高くなります。

2.休憩する


逆説的に言えば、休憩を取ることは、仕事をこなすために必要です。脳を充電するために費やす時間は、情報を記憶し、創造性を高めるのに役立ちます。生産性を向上させることが証明されたアクティビティがいくつかあります。
散歩する。 私たちの体は、一日8時間座るようには出来ていません。オフィスの周りを少し散歩するだけでも、脳への血流を増やし、精神集中を高め、リフレッシュして元気を回復して、仕事に戻ることができます。
創造力を働かせる。 創造力を働かせることで、仕事から心をそらします。ペンと紙を用意し、何か自由に書いたり、落書きをします。何か創造的なことに精神を集中することは、仕事に戻った時に、斬新なアイデアを思いつき、解決策を見つけるのに役立ちます。
何もしない。 たくさんのヒントが手近にありますが、最も基本的な方法は、単純に何もしないことです。脳を休ませる最も有効な方法の一つは、呼吸に集中する瞑想を短時間行うことです。

3.未知を探求する


行き詰まりを感じた時は、問題に「近すぎる」のかもしれません。最近の調査によると、抽象概念や遠くにある大きいオブジェクトについて考えると、脳がより大きな全体像を見るということが分かりました。それなら、デスクから宇宙旅行を楽しんで見ませんか?目を閉じて、精神を未知の世界へと解 き放ちます。惑星、星、そしてその間に広がる銀河系の空間について考え、脳をリセットします。

4.デスクを離れて視野を広げる


デスクを離れた場所には、たくさんのディテール、美、インスピレーションが待っています。他者の創造性に心を向けることで、あなた自身の創造性が刺激されます。昼休みを利用して、地元のギャラリーを訪ね、ストリートアートや都市デザインを観察しながら近所を散歩したり、またはヘッドフォンを付けて音楽に没頭してみましょう。芸術に触れることは、快楽とインスピレーションであり、精神をリフレッシュして、創造的な解決策を見つけることに役立ちます。

5.ネットワークを保つ


力強いソーシャルネットワークは、個人的な成功と職業上の成功を収めるために大切な条件の一つです。新しい日常によって課されたソーシャルディスタンスにもかかわらず、人との交流は、私たちの幸福度に大きく影響し、その結果、創造性と生産性にも影響を及ぼします。オフィスのキッチンで同僚と情報交換をしたり、ビデオ通話の約束を設定したり、カフェで知らない人に挨拶したり、近所の人に近況を聞いたりしてみましょう。誰かの見解、意見、または笑顔が、あなたを正しい方向に導いてくれるかもしれません。

6.時間と空間を定義する


この数カ月間、仕事上の目的を果たすために、特定の場所にいる必要がないことが私たちに示されました。しかし、「在宅勤務」が、「オフィスで暮らす」ことにならないようにするために、仕事は私たちが行うことであって、どこかへ行くことではないということを覚えておかなければなりません。だからこそ、柔軟な姿勢を保ち、勤務時間を設定し、幸せを優先することが、仕事に対する新しくて、より良いアプローチの答えになるのです。

新しい日常は、仕事と私生活が対抗しない世界を作る機会を私たちに与えてくれました。仕事と私生活は、互いを豊かにし、自分の可能性を最大に発揮できるものなのです。なぜなら、結局、あなたを突き動かしていることが、あなた自身を作っているからです。

一番最近届いた情報