メインコンテンツへ

適用されるプロモーション

Location

モンブラン

1858年から続くスイスの時計工房


160年以上続く伝統


モンブランの時計製造の歴史は、スイスのジュラ山脈にあるヴィルレに、シャルル=イヴァン・ロベールが時計工房を設立した1858年に始まりました。その当時の彼には想像もつきませんでしたが、これが歴史的なミネルバの時代の始まりとなりました。その後、150年以上もの間、ミネルバは、プロフェッショナル仕様の精密なクロノメトリーのスペシャリストとして、世界をリードし続けました。

1880年代までには、従来の鍵巻き式に取って代わる、革新的なリューズで巻き上げられるポケットウォッチで確かな評判を築きました。しかしそれはまだ始まりでしかありませんでした。その後ミネルバは、高精度な計測に焦点を向け、プロフェッショナル仕様のポケットウォッチとストップウォッチ製造における一流のスペシャリストになりました。

モノプッシャークロノグラフのプロダクトラインから始まり、ついに1916年には100分の1秒の精度を持つストップウォッチを製造しました。その数年後、腕時計のために開発された初の手巻きのモノプッシャークロノグラフのひとつであるキャリバー 13.20 をミネルバが発明し、マニュファクチュールの歴史に新たな章を刻みました。さらに約10年後には、伝説的なキャリバー 17.29がデビューを飾りました。厚みがたったの5.6 ㎜しかない、最も薄いモノプッシャークロノグラフの一つです。

「時計職人は、すべて手作業で、ヒゲゼンマイを作るノウハウを持っています。」

オリジナルのミネルバの工房は、現在も、ヴィルレのモンブラン マニュファクチュールとして活気に満ちています。ムーブメントのあらゆる部品は、ヒゲゼンマイを含め、今でも丁寧に手作業で制作、装飾されています。時計職人がすべて手作業でヒゲゼンマイを作るノウハウを持つマニュファクチュールは、世界でもほんの一握りです。長さの計測は、伝統に基づき、現代の電子機器を使用することなく、最大限まで正確さを追い求めて熟練した目により行われます。

今日、モンブランのタイムピースは、以下の4つのラインを追求し、160年以上におよぶミネルバの高級時計製造の遺産を守り続けています。スターレガシー、1858、ボエム、そしてヘリテイジのプロダクトラインは、すべてがデザインやスタイル、技術革新を通して過去と現在を結んでいます。

2つのマニュファクチュール。1つの情熱。


モンブラン タイムピースを生み出すには、何世紀にもわたって蓄積された知識、数十年の経験、何年もの開発、そして数百時間にもおよぶ献身的な作業が必要です。究極の精度と完璧さを備えた傑作を生み出すために、ヴィルレとル・ロックルにあるモンブランマニュファクチュールの時計職人たちは、ひとつひとつのタイムピースに誇り、情熱、そして魂を吹き込みます。

ヴィルレにあるミネルバ社の拠点をそのまま引き継いだモンブランマニュファクチュールは、その伝統と専門技術を大切に守り続けています。ここでは、モンブランのムーブメント&イノベーション エクセレンスセンターが、主要な技術革新を採り入れ、スイスの高級時計製造の発展に貢献し続けています。

すべてのエッジに丁寧な面取りを行い、ごく微小なホイール、プレート、ブリッジにも伝統的なサーキュラーグレイン仕上げやコート・ド・ジュネーブ加工を施します。

ミネルバの志を継ぎながら、時計職人は、ダイヤルより3.2 ㎜高いテン輪によって浮いて見えるのが特徴のサスペンデッド エグゾ トゥールビヨンを開発しました。ハイコンプリケーションに関するミネルバの専門知識は、機能的なスモールコンプリケーションにも応用されています。工房では、ムーブメントのすべてのエレメントを注意深く丹念に、伝統的な手法を用いて手作りしています。すべてのエッジに丁寧な面取りを行い、ごく微小なホイール、プレート、ブリッジにも伝統的なサーキュラーグレイン仕上げやコート・ド・ジュネーブ加工を施します。

熟練したクラフツマンの匠の技はきわめてデリケートなヒゲゼンマイの製作にも欠かせません。この高度な技術を擁する時計工房は現在ではほんの一握りに過ぎません。ル・ロックルの工房は、モンブランのウォッチ&クオリティ エクセレンスセンターであり、伝統的な時計製造と最先端のテクノロジーを融合しています。外観のデザインから、構造、そして試作品に至るまで、他とは一線を画すタイムピースを作るのに必要な専門知識はすべてここに集約されています。最高水準のクラフツマンシップと不朽のエレガントなデザインコードに表れている、この2ヵ所の工房の時計学の知識は、モンブランのタイムピースに深く根差しており、グランドコンプリケーションタイムピースから洗練された3針時計まで、高級時計製造にかける情熱が息づいています。

ヘリテイジ

1940年代から1950年代にかけて製作されたミネルバのクラシックな腕時計にインスピレーションを得たヘリテイジ タイムピース。かつての時計作りのエレガンスに、現代的で大胆なデザインとテクノロジーを組み合わせました。

過去から ...

1945年頃の昔の国際公衆電話の表示を持つクロノグラフ

… 現代へ

ヘリテイジ モノプッシャー クロノグラフ

モンブラン 1858

山岳探検の世界からインスピレーションを得たモンブラン1858。1920年代から30年代にかけて製作されたミネルバのポケットウォッチとクロノグラフに新しい解釈を加えた1858 タイムピースは、過去のスピリットを現代風に捉え、自然と冒険への回帰というトレンドを表現しています。

過去から ...

1930年代のプロフェッショナル仕様のクロノグラフ

… 現代へ

モンブラン 1858 ジオスフェール

スターレガシー

スターレガシーで、モンブランはミネルバのアイコニックなスター コレクションに敬意を表しています。ゴールドハンターポケットウォッチなどの伝説的なタイムピースのキーといなる要素を保ちながら、モダンなデザインと高度な仕上げで、クラシックな高級時計製造を追求し続けています。

過去から ...

1910年頃のハンター ポケットウォッチ

… 現代へ

モンブラン スターレガシー フルカレンダー

一番最近届いた情報