メインコンテンツへ

適用されるプロモーション

Location

Dear Diary…

8 ways to master the life-changing habit of journaling

Scroll to learn more

大切な私の日記へ…

日記を書くという人生を変える習慣を身につける8つの方法

アルベルト・アインシュタインからフリーダ・カーロ、そしてセバスチャン・ベッテルまで、世界中の偉大な思想家や成功者の多くは、日記をつけていました。自分の思考をこっそりと記録できるだけでなく、日記は、健康を増進し、仕事上での成功にも役立ちます。新しいページをめくり、あなた自身のストーリーを書き記す前に、いくつかのヒントをご紹介しましょう。

1.    目的を見つける。

まず第一に、何のための日記なのかを決めます。自分の目標を整理し、達成を記録するためですか?クリエイティブなアイデアを書き留めるためですか?それとも感謝の気持ちを育むためでしょうか?人によっては、日記は、その日一日のやるべき事を把握し、重要な詳細を覚えておくためのものです。何を選ぶかは、すべてあなた次第です。それだけでも既にやる気に満ちたスタートが切れそうですね。

2.    気持ちを整理する。

書き留めることで、気持ちが整理され、秩序を保つことができます。日記は、精神を安定させ、ストレスを減らす優れた方法です。日記を書くことで、タスクに優先順位が付き、効率的に取り組めるようになることが証明されています。自分の心の内をペンで紙に書き出すことが、情緒障害の改善に役立つように、職場で日記を使用すると、ビジネス成長のための次のステップを見い出したり、当面の問題の解決に役立ちます。

3.    タイプではなく、手書きする。

数多くの研究により、手で書くことが日記からメリットを得るカギであることが分かっています。手書きすることで、記憶力が向上し、自分自身を見つめ直し、気持ちを落ち着かせることができます。

4.    思うままに。 

フリーライティングと意識の流れは、シュールレアリズムのアーティストだけのものではありません。気持ちを自由に紙の上に走らせることで、自分の心の奥底に触れて、クリエイティブな思考を解き放つことができます。この手順をスムーズに行うために、紙の上を滑り、流れるように書ける筆記具とインクを選びましょう。溢れるアイデアに遅れを取ることなく、素早く書き記すことができます。

5.    継続は力なり。

良い習慣を身につけるために最も大切なことは、継続して実践することです。朝または夜のルーティンに日記を組み込んでもいいでしょう。たとえば、朝、座ってコーヒーや紅茶を飲みながら書いたり、ベッドサイドに日記を置いておき、毎晩、寝る前に考えを書いたりします

6.    変化を取り入れる。

日記を含めて、習慣はマンネリ化しがちです。意外なことをして、習慣をリフレッシュさせましょう。利き手ではない方の手で書いたり、外に出たり、新しいロケーションを選んだり、違うカラーのインクを使ったりしてみましょう。実験することで、創造力がかき立てられます。

7.    完璧主義をやめる。

あなたの個人的な日記は、読むためのものではないことを覚えておいてください。日記を書く目的は、自分の考えを紙に書き留めて、心を平穏に保つことです。なので、編集しないで、ただ書きましょう。あなたの最も優れたアイデアが回顧録として発表されるときには、プロの編集者がきちんと編集してくれます。

8.    インスピレーションを得る。

空白のページにうんざりする時があるかもしれません。この次、書く気力がわかなかった時は、創造力を刺激するテーマを選んで書いてみましょう。感動的な格言を見つけて、心に浮かんだ気持ちを表現してみましょう。ある特定の人物からインスピレーションを受けているのであれば、その人の立場に一日身を置いてみたらどのような気分になるのかを想像して書いてみましょう。自分の成功を心に描くことは、非現実的な思考ではありません。結局のところ、夢をみることは、計画を立てることだからです。
 

TITLE



心を落ち着かせ、目標を設定して達成し、アイデアを引き出し、それを仕事上の成功につなげる。ペンと紙で日記を書くことで得られる恩恵は、無限であり、かつ個人的なものです。始めるために必要なのは、少しの時間です。そしてモンブランには最高の筆記具とステーショナリーが用意されています。

お困りのことはございますか?

モンブランのブティックでもご案内させていただきます。是非モンブランブティックへお越しください。

ブティックを探す

一番最近届いた情報