高級時計製造

160年の伝統のセレブレーション

"モンブランの時計作りの伝統は160年前の1858年、シャルル・イヴァン・ロベールがサンティミエール渓谷に時計工房を設立し、ミネルバ社への布石を敷いたことに始まります。 ヴィルレのミネルバは今日、モンブランマニュファクチュールの本拠として機能しています。 ミネルバ社はその全盛期、細微な時の間隔を最高の精度で計測するプロフェッショナル向けの時計の専門工房でした。 1880年代には、モンブランが現在拠点を置くマニュファクチュールで早くもリューズで巻き上げができるポケットウォッチの製作を開始。 これは特別な鍵がなくても巻き上げができる最も初期の小型時計の一つであり、ミネルバ社の成功とその後の事業拡大の基盤となりました。 この画期的なタイムピースは世界各地の時計展示会で注目を集め、名誉ある数々の賞を受賞しました。 20世紀初頭にはモノプッシャークロノグラフの開発を開始し、精密な時間測定において定評を確立したミネルバ マニュファクチュールはやがてプロフェッショナル向けの時計やストップウォッチに特化した専門集団へと育ってゆきます。 プロ仕様のタイムピースの歴史にミネルバほどの名を残す時計作りの老舗はそう多くありません。 新たな高みを目指したミネルバの旅は20世紀を全般を通じて継続し、特許を伴う多くの革新的な時計技術を経て100分の1秒を計測可能なストップウォッチの開発に成功します。 こうした発展はミネルバが1858年以来積み上げてきた傑出した匠の技を象徴しており、ポケットウォッチとクロノグラフ製造業者としてのミネルバの名声を確立しました。 今日、モンブランのタイムピースは、160年間にわたって培われてきたミネルバの伝統を3つの高級時計シリーズに昇華させています。


マニュファクチュール

スイスのル・ロックルとその周辺の渓谷、ラ・ショー・ド・フォン、サンチミエ渓谷、ビール地方は、この200年にわたり最高品質の時計の製造を特に積極的に行ってきました。19世紀後半からポケットクロノグラフの製造を専門とし、その後腕時計の製造を行うようになった工房が、この地域には数多くあります。ヴィルレとル・ロックルにあるモンブラン・オート・オルロジュリ・マニュファクチュールは、現在もこの分野で活躍しています。

この2つの工房の優れた時計職人たちはスイス時計製造の伝統を最高の状態で維持しつつ、最高の精密性、完璧さ、耐久性を備えた革新的な時計を生みだすことに全力を尽くしています。


クラフツマンシップ

モンブラン・マニュファクチュールの優れた時計職人たちは、ブランドの価値観と真のスイス時計製造の精密性を融合させ、モンブランのクラフツマンシップと品質基準に対する高い期待に完璧に応えます。


モンブラン ラボラトリー テスト 500

モンブラン工場の品質チームは包括的な試験プログラムを開発しており、製品が出荷される前に必ず、最高品質基準を満たすための試験を実施しています。