伝統を守る手作業による製作

伝統的な手作業による装飾

モンブランの高度な複雑機構は、高級時計作りの伝統的なノウハウを守り、本物であることを大切にする芸術的アプローチに支えられています。
ムーヴメントの各部をさらに美しく見せる面取り、プレートへのコート・ド・ジュネーブ加工、歯車の鏡面仕上げなどの装飾を時計職人が伝統技法を用いて手作業で行います。 洗練を極めた匠の技には、根気と集中力、情熱が必要です。 ここまでの芸術的な美しさを機械で作り出すのは不可能であるため、各部は手作業による完璧な仕上げと装飾が必要となるように初めから設計されています。