古典的な時計作りのスピリット

古典的な時計作りのスピリット

モンブランは、1858年まで遡る傑出したミネルバの伝統に敬意を表し、主要なエレメントはそのままに、クラッシックな仕上げ加工と洗練されたデザインをさらに昇華させ、象徴的なスターコレクションに新たな解釈を加えました。
製造専門知識を結集し、高級時計作りのフロンティアを切り開く新しい自社開発の複雑機構を搭載します。 1927年のゴールドハンターキャリバー19など、19世紀末から20世紀初頭に作られた歴史あるミネルバの懐中時計を彷彿とさせる、モンブラン スターレガシー タイムピースは、側面からエレガントにカーブを描く滑らかな小石のようなラウンド型のケースデザイン。 側面に段差を入れたラグが特徴です。 古典的な時計作りのスピリットに従い、リューズは格調高く操作性にも優れたオニオン型、トップにモンブランのシンボルマークを冠しました。 ダイヤルでひときわ目立つのが、形とサイズが新しく刷新されたアラビア文字。 アイコニックなエクスプローディングスター模様のギョーシェ加工がダイヤルの美しさをさらに引き立てます。 洗練された美が凝縮されたその他のディテールには、ダイヤルの輪郭に沿ったユニークなレイルウェイ ミニッツトラックやフィレソーテ・ギョーシェ加工が含まれます。