ル・ロックルのモンブラン マニュファクチュール

ル・ロックルのモンブラン マニュファクチュール

時計製造の伝統と最先端技術が出会うのが、ル・ロックルにあるモンブラン ウォッチ&クオリティ エクセレンスセンターです。 ここで伝統的な時計製造工法が最新テクノロジーと融合します。 美的デザインや最終的な組み立て、プロトタイプ製作など、アイコニックなタイムピース作りに欠かせない専門知識がここに凝縮しています。
ル・ロックルの工場で数え切れないほどのパーツが職人技によって組み合わされると、最高レベルの精度と完璧性を確認するため、モンブラン ラボラトリーテスト500と呼ばれる厳しい試験が行われ、最高レベルのモンブラン タイムピースが完成します。 毎日の使用による磨耗・消耗試験、防水、リューズに対するセッティングの反復試験、様々な天候条件への耐性試験、特定機能の繰り返し使用試験など、 すべてのタイムピースは500時間にわたって様々な極限状態にさらされます。 非常に技術的に複雑な機構においてもその性能を保証するために、極めて厳格な手順が実施されるのです。