Fine Watchmaking

ふたつのマニュファクチュール。ひとつの情熱。

モンブランの時計作りのストーリーは1858年、シャルル・イヴォン・ロベールがサン ティミエ谷に時計工房を設立し、ミネルバ社への布石を敷いたことに始まります。
究極の精度と完璧さを備えた傑作を生み出すために、ヴィルレとル・ロックルにあるモンブランマニュファクチュールの時計職人たちは一つひとつのタイムピースに誇り、情熱、そして魂を吹き込みます。ヴィルレのミネルバ社の拠点をそのまま引き継いだモンブランマニュファクチュールは、その伝統と専門技術を大切に守り続けています。モンブランのムーブメント&イノベーションエクセレンスセンターとして、ここではスイス高級時計作りの 伝統をさらに高める様々なイノベーションが生み出されています。
山岳探検のスピリット

"1920年代 から30年代にかけて製作されたミネルバのポケットウォッチに新しい解釈 を加えたモンブラン1858は、往時の探検家のスピリットを体現した古典的 かつ現代感覚に溢れるプロダクトラインです。"
モンブラン ラボラトリー テスト 500。

多数のデリケートなパーツが注意深く組み立てられると、それぞれのタイムピースは「モンブラン ラボラトリーテスト500」として知られる厳格な品質検査を受けます。

• 毎日の使用による磨耗・消耗試験
• 防水機能試験
• 多数のセッティングへの反復試験
• 異なる天候条件での耐性試験
• 特的機能の繰り返し使用試験
• 過酷な条件で500時間