January 2019 - 6 Minute read

短すぎた人生

詩人でもあったジェームス・ディーンの知られざるストーリー

1931年2月生まれのジェームス・ディーンは、何度も打ちのめされるような出来事に遭遇しました。彼が9歳の時に母親が亡くなり、その現実を乗り越えることができなかった彼の父親は、インディアナ州の親戚にディーンを預けました。彼は父親と呼べる存在がなく、自分の性的関心に不確かなままで育ちました。

「書くことは人生ではないが、書くことで人生を再び軌道に乗せることはできる。」

– 作家 スティーヴン・キング

1950年代初期にジェームス・ディーンは、役者の道を志すために大学を中退しました。彼は期待に胸を膨らませ華やかな都会ニューヨークに移り、自分の元に舞い込んでくる小さな仕事をコツコツとこなしました。彼は『エデンの東』でキャル・トラスクを演じるという大きなチャンスをつかむまで、駐車場の係員として働きながら道を切り開きました。ニューヨークで、当然のごとく、ディーンは並外れた創造性の数々に触れました。アメリカでもトップクラスとされる作家たちと友人関係を結ぶことで、彼の詩と執筆に対する情熱が刺激されました。

「永遠に生きるかのように夢を抱き、今日死ぬかのように生きろ」

– ジェームス・ディーンの最も有名とされる言葉

虚構の生活で自分を見失う

しかし『エデンの東』の公開と共に、ディーンは映画業界という超現実的な世界で生きることを余儀なくされます。ハリウッドが最も華やかな時代でした。彼の才能は虚構の世界の中で見失われそうになっていました。スタジオは、ハンサムな反逆者という彼のイメージを売り、不良少年のイメージを後押しするために女優たちとの情事をでっち上げました。それでも、彼の心はピア・アンジェリのものでした。その恋は彼の母親に反対され、アンジェリの自殺で悲劇的な終わりを迎えました。ディーンには、名声を手に入れるまでの間も、そして悲劇的な出来事を経験している間もひとつだけ変わることなく行っていることがありました。それが書くことでした。

「僕が持っていない何か尊いもの、 誰かが自分のものであったらいいのにと思う」

– ジェームズ・ディーン

内面の激高

それでも、ディーンは書き続けました。最も有名なのは、別れと復縁を繰り返したガールフレンド、バーバラ・グレンに書いたラブレターの数々です。これらの手紙は、彼の情緒不安定と個性的な性格のはけ口であった詩と共に、2011年に公表されました。「内面に湧き上がる怒りを発散させようとするが、うまくいかない」彼は書きました。そして:「僕が持っていない何か尊いもの、誰かが自分のものであったらいいのにと思う」 彼は自分自身を自由に解放して、現実の世界では対処できなかった気持ちを一字一句に込めて表現しました。

短く散った執筆人生

彼が亡くなる直前、LIFE誌は、ジェイムズ・ウィットコム・ライリーの本を読むディーンの写真を掲載しました。彼が単に撮影の小道具としてその本を選んだのだったとしても、それは適切な選択でした。ライリーの作品は率直で感傷的で、ディーンそのものだったからです。不幸にもディーンの人生と執筆活動は、あまりにも早く幕を閉じました。彼の命を奪った衝突事故と、反逆者という彼の象徴するものにより、残念ながらジェームス・ディーンの知られていない一面が脚光を浴びることはありませんでした。まるで自分の未来を予言していたように、彼は自分のストーリーの締めくくりの一文を書いていました。「思うままに生きるべきだ。」 「死はすぐにやってくる。」そう彼は書きました。

ディーンは映画の中だけではなく、類まれな文章の中にも生き続けています。モンブランは、筆記具コレクションで執筆者であったジェームス・ディーンの人生を称えます。ここから探してみてください。