SIHH 2019

February 2019 - 6 Minute read
プロのスポーツを引退して地に足をつける方法

元プロアイスホッケー選手のトリスタン・キャメロン・ハーパーが、自然を通して自分を取り戻すことで、新たなレベルに到達したストーリー。

ステップ 1:自分の声に耳を傾ける。

風の吹く頂上に登ることは、実にユニークな体験です。風景写真家で登山家のトリスタン・キャメロン・ハーパーは、この素晴らしい感覚と定期的に接し、同じ考えを持つ探検家たちに伝えています。モンブランは、先日カナリア諸島の息を呑むような緑あふれる「La isla verde」ラ・パルマ島へ赴き、暖かな冬の日差しの中でトリスタンとハイキングをする機会を得ました。プロのアイスホッケー選手を引退した後、トリスタンは自然の美しさを探検することで、自分を取り戻す方法を見つけました。以前は、プロのアイスホッケー選手としての忙しい日常や、精神的・肉体的なストレスにより、幸せだと感じる気持ちを失い始めていました。そこで彼は人間ができる最も簡単なことのひとつを行いました。自分自身の声に耳を傾け始めたのです。「私は、自分の人生の中で何がうまくいっていて、何がうまくいっていないかを自分自身に問いかけ始めました。そして色々と変えてみて、効果を感じました。」 つまりそれは、気持ちが最もすっきりとする場所に行くことでした。アウトドアです。現在では彼は、世界中を探検してハイキングをするために時間のほとんどを費やしています。「ハイキングは間違いなく新たな視点を与えてくれます。そして精神、肉体の両方の健康を改善してくれます。また、自分がより生産的になると感じ、インスピレーションがわいてきます。」

「自分自身と、自分を幸せにしてくれるものに耳を傾けることから始めました。」

– トリスタン・キャメロン・ハーパー

ステップ 2:新たな高みに到達する。

この冬トリスタンは、スコットランド高地の湿気と風の強い丘陵地帯とは正反対の、カナリア諸島ラ・パルマの緑あふれる山々へ向かいました。コケに覆われた渓谷の滝の傍に立つ彼を包むのは、四方八方から降り注ぐスコットランドの雨ではなく、シダを通して岩の上に降り注ぐ陽光です。彼は人生を変えたネパールへの旅について話してくれました。「人生を変えた」という言葉は大げさではありません。トリスタンの場合、本当にそうだったのです。「アイスホッケーをすることは私の人生でした。アイスホッケーというのはそれ自体が、精神的にも肉体的にも厳しいスポーツです。でも私は変わり始めました。休みの日によく丘に登りました。そして、それを繰り返しているうちに、もっと外で過ごしたいと思うようになったのです」彼はそう語ります。そして自分の国を探検した後、彼は故郷から遠く離れた場所へ行くことに決めました。ネパールです。「ネパールでのハイキングで、私は人間らしさを取り戻し、喜びで魂が満たされました。ネパールの人々は、数多くの探検者達が自分たちの村を通り、山を登ることを許し、また歓迎してくれました。本当に彼らには感謝しています。」 彼がプロのアイスホッケーの世界から引退することを決めたのもネパールでした。

「私は風景の写真を撮りたかったのです。そして山に登りたかったのです。こんなに単純なことでした – 人生は短いのです、試してみない手はないでしょう?」

– トリスタン・キャメロン・ハーパー

ステップ 3:自分を取り戻す。

まだ滝のそばにいるトリスタンは、彼の日常生活に欠かせないマインドフルネスの方法について説明してくれました。「マインドフルネスは、シャワーを浴びる、水を飲む、食べる、睡眠をとるなどの自分の健康のためになることと同じように、私の日課の一部です。私にとってそれは、その瞬間の平穏さ、集中すべきこと、そして意識と向き合うことです。何が起こっていたとしても。」 彼は、旅仲間に、マインドフルネスを暮らしに組み込むための重要なヒントを伝えます。「誰もみな移動していて、誰もが忙しいです。でも誰もがマインドフルネスのための5分を見つけることができます … それは意識をする心なのです」彼は言います。彼は、日常の中でどのようにしてよりマインドフルでいられるようになったのか話してくれました。「反対の手で歯を磨いたり、いつもとは違う順序で洋服を着たり、素足で山をハイキングしたり(つまり、基本に戻るのです)といった小さなことから始めました。そして自分の安全地帯を飛び出して行動したのです。」 自然に行っていることを見つけて、そこから始めることをトリスタンは勧めます。呼吸に集中したり、歩き方について考えたり。例えば、最初に踏み出すのがどちらの足かに注意を払ってみます。気づきの心を持ち、自分の意識を変える方法はたくさんあります」彼は言います。

「私にとってそれは、その瞬間の平穏さ、集中すべきこと、そして意識と向き合うことです。何が起こっていたとしても。」

– トリスタン・キャメロン・ハーパー

ステップ 4:他者にインスピレーションを与える。

自分の冒険を記録することで、トリスタンは、他の人も自然を探検し、自分自身を取り戻せるように、インスピレーションを与えたいと思っています。「この気持ちが伝わり、これからの世代の人々がもっとアウトドアからインスピレーションを得られるようになればいいと思います」と彼は説明します。自分の取り戻し方についての彼の説明はとても実用的です。「まず初めに、自分はできる、と信じなければなりません。この最初の一歩を踏み出さない限り、何も始まりません。忍耐強く、固い決心で、そして起こっていくことを信頼すればいいだけです。」 このようなシンプルでインスピレーション溢れる言葉が、トリスタンをユニークな存在にしています。おそらく彼が紛れもなくスコットランド人だからであり、しかしまた彼が冷静だからでしょう。なぜなら、トリスタン・キャメロン・ハーパーは、ほとんどの時間、山の上で雲の中に頭を突っ込んでいるにも関わらず、地に足をしっかりとつけているからです。

これらの商品は2019年4月に発売予定です。