メインコンテンツへ

適用されるプロモーション

キーワードを入力
モンブラン マスターズ オブ アートの初のコレクションは、その洞察力のある発想が近代主義の先駆けと見なされている、19世紀後半の最も人気のある画家の一人で、オランダ人画家のフィンセント・ファン・ゴッホに敬意を表しています。5種類のリミテッド エディション 筆記具からなる本コレクションは、彼の有名な作品とその風変りな芸術スタイルからインスピレーションを得たデザインを採用。この画家の人生における個人的かつ芸術的なさまざまな時期にオマージュを捧げています。

ご購入はこちら

エディションの焦点

特徴

有名なインパスト技法のためにファン・ゴッホが使用したパレットナイフのような形状をしている各筆記具のクリップは、彼の多くの自画像にも登場している特徴的なパイプも表現しています。このバージョンは、キャップトップのモンブラン エンブレムによく似たディープイエローで仕上げられています。
プロヴァンスの麦畑を彷彿させる温かで鮮やかなパターンがプラチナコーティングの胴軸に施されています。
本エディションは、同じく1889年のファン・ゴッホの有名な「ひまわり」が、Au 750 ソリッドゴールドのペン先に驚くべき緻密さでエンボス加工されています。

特徴

下部はファン・ゴッホのパレットナイフを表現しており、上部は彼のパイプの火皿の形状で、シトリンで装飾されています。
ディープブルーの筆記具の胴軸には、この画家の有名な夜空を表現して、玉虫色の光り輝く粒子が散りばめられています。
リミテッド エディション 888 の Au 750 ソリッドゴールドのペン先は、
ファン・ゴッホの1890年の「花咲くアーモンドの木の枝」に基づいたエンボス加工が特徴です。

特徴

クリップは、この画家の代名詞でもあるパイプとパレットナイフの形状をしており、シトリンで装飾されています。
Ag 925 スターリング シルバー製の胴軸は、「木の根と幹」が控えめのマルチカラーのラッカー象嵌で表現されています。
Au 750 ソリッドゴールドのペン先には、世界で最も高い評価を得ている芸術作品の多くと関係がある美学の不朽の原則、黄金比を示す 1.61(ファイ)のシンボルを採用し、黄金比を称えています。この黄金比または 1.61 は、161点限定の新しいリミテッドエディションに特別なインスピレーションを与えており、今後発表されるマスターズ オブ アートのすべてのコレクションにも登場します。

特徴

ファン・ゴッホが好んで吸ったパイプがクリップのディテールに表されており、上部はパイプの火皿のような形状で、ファイアーオパールで装飾されています。
驚くべきこのエディションの胴軸とキャップは、アトリエの熟練の職人が、プロヴァンスの麦畑を表現する温かみのある色合いの線で、ファン・ゴッホのスタイルを忠実に表現するべく手描きしています。質感のある渦巻き模様は、筆記具ごとに特別にデザインされており、彩色されたキャンバスのようなクオリティを与えています。
本エディションは、同じく1889年のファン・ゴッホの有名な「ひまわり」が、Au 750 ソリッドゴールドのペン先に驚くべき緻密さでエンボス加工されています。

リミテッド エディション 4810

リミテッド エディション 888

リミテッド エディション 161

リミテッド エディション 90

フィッティングは伝説的なアーティストに敬意を表しています

モンブランは、マスターズ オブ アート フィンセント・ファン・ゴッホへのオマージュ リミテッド エディションがアムステルダムにあるファン・ゴッホ美術館の見識と一致するように、美術館と協力できることを大変誇りに思っています。フィンセント・ファン・ゴッホの作品と人生の学術的な調査における第一人者であるファン・ゴッホ美術館は、フィンセント・ファン・ゴッホの遺産の管理者としての役目を務めています。 

アムステルダムにあるファン・ゴッホ美術館とモンブランとのコラボレーション。

ご購入はこちら

一番最近届いた情報